ミラ・ジョヴォヴィッチ、妊娠して「すでに約14キロ体重が増えた」。

1月24日(土)10時38分 Techinsight

妊婦ミラ・ジョヴォヴィッチ、「不要な体重はもう増やさない」と決意を明かす。

写真を拡大


現在39歳にして、第2子を妊娠中のミラ・ジョヴォヴィッチ。そのミラが妊娠による体重増加をFacebookにて告白し、「これからは気を付けるわ」「ジャンクフードはNoよ!」と気合いを入れた。

大ヒット映画『バイオハザード』シリーズでお馴染みのミラ・ジョヴォヴィッチは、現在3人目の夫で英国人映画監督、脚本家、プロデューサーのポール・W・S・アンダーソン(49)と2007年生まれの長女を養育中。そんな夫妻は昨年ミラの再妊娠を発表。ミラのお腹も今ではずいぶん大きくなり、体重もかなり増えたもようだ。

さてそのミラがこのほどFacebookにて体重増加を告白、さらに「余分な体重は増やしたくない」としてこう書き綴った。

「妊娠して、体重がぐっと増えたわ。でも妊娠期は健康でいなくちゃ。だから先週から、ライフスタイルには十分気を付けているの。体重が必要以上に増えないようにね。だって、私にもお腹の赤ちゃんにも良くないことだもの。」

ちなみに出産まであと約10週というミラは、すでに13.6キロ以上の体重が増えたとのこと。そんな中、今は代謝を良くすべく長い時間歩くようにしているとのこと。また今後は食事にも気を付けたいとして、こう書いている。

「ジャンクフードはNoよ。」
「でも大丈夫。だって私は自宅で料理するのが大好きなんだもの。結局、食べるものをきちんとコントロールするには自炊しかないしね。」

その後ミラはスムージーの材料などヘルシーな食べ物の写真を多数撮影しては、続々Facebookにて公開中だ。お腹の赤ちゃんも、良質な栄養をタップリ分けてもらえて大満足していることだろう。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ミラをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ