成田凌、小学生時代も「やっぱ可愛い」 運動会の“お宝画像”に反響

1月24日(火)19時10分 Techinsight

組体操でてっぺんに立つ成田凌(出典:https://twitter.com/nr_yo)

写真を拡大

映画『キセキ −あの日のソビト−』(1月28日公開)でクニ役を務める成田凌が、グループ・グリーンボーイズのメンバーとしてシングル『グリーンボーイズ』でCDデビューした。彼がその告知とともにツイッターに小学6年生で運動会に出るところを公開してフォロワーの注目を集めている。

1月24日に『成田凌(nr_yo)ツイッター』で、シングルCD発売を告知した成田凌。「小学6年生のころからこのポーズ、してた」と組体操でてっぺんに立つ姿を投稿した。映画『サタデー・ナイト・フィーバー』(日本公開1978年)で主演するジョン・トラボルタがディスコで見せるポーズのようだ。その後も多くに真似されるほど浸透したポーズだけに、1993年生まれの彼もどこかで覚えたのだろう。

アイドルっぽいオーラを放つ姿に「やっぱりかわかっこいい」「やっぱ可愛い子は小さい頃から出来上がってるね〜当然のてっぺんだし」「すでにこのポーズ、決めてるあたりさすが過ぎます!」などのコメントが寄せられた。CDについても「フラゲしました」「ずっと車でリピート!!」とすでに購入した人が多く、歌の方もすごい人気である。


ドラマでは昨年ヒットした『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)に出演、今年は『大貧乏』(フジテレビ系)で加瀬春木役と俳優業も忙しい。1月20日には菅田将暉、横浜流星、杉野遥亮とともにグリーンボーイズとして『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に初出演を果たした。タモリとのトークでは「いつか“髪切った?”って言われたい」と再出演を誓っていたが、この調子でシングルがヒットすれば近いうちに実現しそうだ。

出典:https://twitter.com/nr_yo
出典:https://www.instagram.com/_naritaryo_
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

成田凌をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ