のん、カーリングシトーンズと並ぶ記念写真に「新メンバー感」「コラボ熱望!」の声

1月24日(金)14時30分 Techinsight

レアショットにのんも「特別だ〜!」と大喜び

写真を拡大

アーティストとしても活躍する女優・のんが1月19日、Twitterで「カーリングシトーンズの皆さんと〜なんだこれ〜! 特別だ〜!」と投稿したレアショットが反響を呼んでいる。カーリングシトーンズとは2018年7月11日に寺岡呼人のソロアーティスト25周年を記念して6人のアーティストで結成されたユニットだ。

ユニットでのメンバー名は寺岡シトーン、奥田シトーン、斉藤シトーン、浜崎シトーン、キングシトーン、トータスシトーンと名乗っており、ニューヨーク・パンクからパンクムーブメントに火をつけた伝説のバンド「ラモーンズ」のメンバー名がボーカルのジョーイ・ラモーンをはじめ全員「〇〇ラモーン」となっていることをオマージュしたのではないかという説もある。

つまり寺岡呼人、奥田民生斉藤和義、浜崎貴司、YO-KING、トータス松本の6人からなるバンドで、のんが投稿したのは松本、浜崎、寺岡、YO-KINGと5人で並ぶ1枚と、斉藤とのツーショットである。


1月18日、エディオンアリーナ大阪で開催された音楽イベント『忌野清志郎ナニワ・サリバン・ショー Oh!RADIO〜五十年ゴム消し〜』に斉藤和義、寺岡呼人、トータス松本、浜崎貴司、奥田民生、YO-KING、そしてのんも出演したことからバックステージで記念写真に納まったのだろう。

のんの投稿にはフォロワーから「のんちゃん民生は?」、「民生さんが…」と奥田民生の姿がないことを残念がる声があれば、NHKの朝ドラ『あまちゃん』のファンで知られるYO-KINGが端っこにいるため「YO-KINGさんは隣の位置を泣く泣く譲った…の図?」と憶測するファンも見受けられた。

さらには「のんちゃん、ROCK過ぎる!!」、「のんさん新メンバー感」、「コラボ熱望!」などの反響があり、イベントを観たファンからは「のんちゃんが、一番楽しんでましたよね。また、新たな繋がりもできたと思います。多くの人から、色々なことを吸収して、のんちゃんらしさに、磨きを掛けてください! 楽しみにしてます」と期待する声も寄せられた。


のんは他にも間寛平、リリー・フランキー、こまっちゃクレズマの中心メンバーでもある梅津和時と多田葉子、ブルースデュオT字路sの伊東妙子と篠田智仁、渡辺大知、宮藤官九郎など幅広いジャンルの人々と交流しており、貴重な経験をしたようだ。

画像2〜5枚目は『のん official 2020年1月19日付Twitter「カーリングシトーンズの皆さんと〜なんだこれ〜!特別だ〜! のん」「間寛平さんと!!!!!」「渡辺大知さんは、次大友さんと舞台をやるらしい!ねじまき鳥クロニクル。楽しみ〜」』のスクリーンショット

Techinsight

「カーリング」をもっと詳しく

「カーリング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ