「卒論」「ありがとう文春!」ゲス&ベッキー騒動で2016流行語大豊作

1月25日(月)9時59分 アサ芸プラス

 1月21日発売の「週刊文春」で報じられた「ゲスの極み乙女。」川谷絵音とベッキーの「禁断愛」第3弾。そこには直撃取材を受けた後も、まったく変わらず愛を確かめ合う2人の能天気なLINEの内容がつづられている。これまでベッキー擁護の意見も見られたネット上でも、これには呆れるばかり。「とくダネ!」(フジテレビ系)の小倉智昭キャスターも「バカじゃないの?」と一喝するなど、いよいよベッキーの立場が危うくなってきた。

 そんな2人の“色ボケ”ぶりを表す数々の言葉が話題となり、流行語となりつつある。

「2人だけの会話であるはずのLINEで用いていたのですが、まさか世間にさらされるとは思わなかったでしょうね。離婚届の隠語『卒論』や、2人の熱愛をスクープした週刊文春を指して『センテンス スプリング』、そして公になったことで堂々と恋愛できるとして2人そろって書き込んだ『ありがとう文春!』など、ブログやツイッターで取り上げられています。さらに『ヒルズ族に教えたい ほんとうの幸せはお金かからないよって』という名言には『ベッキーに教えたい 不貞の賠償はお金かかるよって』ほか、いろいろいじられてネタにされていますよ」(週刊誌記者)

 常に前向きな言動で人気だったベッキー。しかし、“前向き”と“反省しない”はまったくの別物。そんなことにも気付かないほど、深い愛に溺れてしまっているということなのだろう。

アサ芸プラス

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ベッキーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ