天才テリー伊藤対談「ヒロシ」(3)ブーム絶頂の頃の月収は4000万

1月25日(金)12時57分 アサ芸プラス

テリー そんなさんざんな状況の中で、ホストは何年勤めたの。

ヒロシ 入って1カ月で辞めたいと思ったんですけれど、結局3年いましたね。一時期はホームレスみたいになっちゃいましたし。

テリー え、マジで!?

ヒロシ そういう体たらくなので月の稼ぎが2万〜3万円しかなくて、アパートを出るしかなかったんですよ。だから、毎日キャッチ(客引き)で声をかけた子に「ちょっとだけ住まわせてほしい」「今晩だけでいいから泊めて」って、そんな交渉ばっかりしていました。

テリー みんな初めて会う女の子でしょう? そんなにあっさり泊めてくれる?

ヒロシ それが意外にいけちゃうんですよ。正直に事情を話すと「1週間なら」「とりあえず来なよ」って子がいました。それが1〜2年続いたんですかね、かなりの人数に泊めてもらったと思います。

テリー へェ、すごいな。それも一つの才能と言っていいかもね。ホストをしている間、お笑いは?

ヒロシ それどころじゃなかったです。ホストが休みの日はコンビニでバイトしていたんですが、月4回だけの出勤なのにホストより全然稼げるんですよ。なので、本音はコンビニだけにしたかったんですけれど、どうしてもホストは辞めさせてもらえなくて‥‥またお笑いを始めるのは、31歳で熊本の実家に逃げ帰ってからですね。その時、発表する当ても場もなかったんですが、2カ月ぐらいずっと家にこもって、その後の「ヒロシです」のもとになる「あるあるネタ」をたくさん書いていました。

テリー 苦労したけど、いいネタ元になったね。

ヒロシ そうですね。その後、勤めていた店が潰れたという噂を聞いて、「じゃあ戻っても大丈夫だろう」とまた上京。とにかくライブにたくさん出るようにして1年ぐらいたった頃に、「笑いの金メダル」なんかに出るようになってから、皆さんに認知していただきました。

テリー 当時の人気はすごかったよね、収入もドーンと上がったでしょう?

ヒロシ 最高の時は月収が4000万円ありました。

テリー その前は2万〜3万円だったのに。ブームのど真ん中にいた時、どんな気持ちだったの?

ヒロシ 僕としては細々といきたかったんですが、思いのほか注目されてしまったので、「ダメだ、このままだと終わってしまう」とおびえていました。ネタも量産できなかったですし。

テリー それは意外だね。

ヒロシ 最初の頃のネタは月に20本ぐらいライブをやって、そこから厳選したものをテレビに持って行ってたんですけれど、忙しくなってそんな余裕がなくなり、いきなりテレビで新ネタをおろす状態になったんですよ。いつも「スベるんじゃないか」と不安で、キツかったですね。かといって、バラエティーのひな壇で気の利いたことを言えるわけでもないですから。

テリー そうかな。俺はヒロシのこと、ずっとおもしろいと思っていたけどね。

ヒロシ はい、テリーさんはずっとそう言ってくださっていて、うれしかったですね。ただ、個人的には精神的に追い詰められて、スタジオに行くのが恐ろしくなったので、当時の事務所に「もうテレビに出ない」と宣言しちゃったんです。

テリー そうか。前にいくつかの番組でヒロシの出演を断られたことがあったけど、そういう理由があったのか。

アサ芸プラス

「ヒロシ」をもっと詳しく

「ヒロシ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ