内面も完璧!斎藤工の「飛び抜けた人柄」に南キャン山里も嫉妬

1月25日(木)10時15分 アサジョ

 もはや非の打ち所がない!?

 南海キャンディーズ山里亮太が16日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)で、斎藤工の人の良さが分かるエピソードを明かしている。

 前の放送回で斎藤が監督を務める2月公開の映画「blank13」の話題を取り上げたこともあり、今回は斎藤から感謝の気持ちを伝えるメッセージが届き、山里やパーソナリティを務める同局の海保知里アナウンサーは大感激。

 しかし、山里は「ちょっとあれだな。いくらなんでも才能を持ちすぎたな」「良くないな。人間のバランスとして! なんでもできるんだよ」と、斎藤のマルチぶりに嫉妬全開。さらに、「番宣とかで来てくれた時もめちゃくちゃサービス精神旺盛」と斎藤の人柄を紹介。自身が「天の声」として出演する朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)に斎藤が出演した時のエピソードを、こう披露している。

 斎藤が出演したのはゲストがスタジオ出演者に対して自身にまつわるクイズを出題する「エンタメまるごとクイズッス」という人気コーナーで、番組スタッフはあらかじめ斎藤が出題するクイズを用意していたとのこと。しかし、斎藤はコーナー出演にあたり、自身でクイズを考えてきてスタッフに提案したという。

「ところが、その内容には斎藤の二枚目イメージを壊しかねない下ネタ要素が入っていたため、周囲のスタッフから止めが入ったそうです。ただ、そんな声を斎藤は制止して『せっかくスッキリさんに来てもらって、取り上げてもらうのだからこっちが全力で出さないと』と、番組で宣伝をさせてもらうのにイメージダウンを気にするのは失礼と主張して周囲を押し切ったといいます。結局、番組側が用意したものか、自身が提案したものか、どちらのクイズを採用するかは番組側に任せると気遣いを見せたそう。そのため山里は『(斎藤のサービス精神には)周りが焦る』とボヤいていました」(エンタメ誌ライター)

 これを聴いたリスナーからは「見た目もイケメンで中身が完璧ならもう欠点がないよな」「山ちゃんが嫉妬するのも無理はない」「芸人へのリスペクトもあって素敵な方だと思ってました」などと称賛の声が上がっている。

「今回、番組に届いた斎藤からのお便りも、斎藤らしく腰が低く礼儀正しい内容でした。斎藤といえば、16年大みそかに放送されたお笑い特番『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』(日本テレビ系)でサンシャイン池崎を完コピしたことで知られていますが、そのサービス精神はいささかも変わってないようです」(前出・エンタメ誌ライター)

 ブレイクするまでに多くの苦労を経験した遅咲きの斎藤だけに、どんな仕事にも常に全力で取り組むことを心掛けているのだろう。

(本多ヒロシ)

アサジョ

「斎藤工」をもっと詳しく

「斎藤工」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ