松坂桃李、TikTokを「チックタック」と言い続けて赤っ恥!

1月25日(金)18時15分 アサジョ

 気取らない性格、そしてお茶目なところがファンのハートを鷲掴みにしたようだ。

 松坂桃李が1月18日に放送されたラジオ番組「松坂桃李のオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送)に出演。まさかの読み間違いで赤面する一幕があった。同番組で自身初となる生放送のパーソナリティーに挑戦しているが、実に松坂らしく個性あふれる放送となった。

 松坂といえば、ゲームアプリ「遊戯王 デュエルリンクス」にどハマりしていることで有名だが、案の定、この日も「遊戯王」トークが炸裂。さらに、番組冒頭から人気漫画「ONE PIECE」に登場するキャラクター・ドンキホーテ・ロシナンテのアニメ版の声真似を披露したりと、相変わらずやりたい放題だった。

 そんな松坂だが、リスナーから今の流行を教わるというコーナーの中で「あ、あのあれ覚えましたよ!チックタック」と突如、発言。続けて「音楽にのせてギャンギャンやるやつ。アップテンポな音楽に合わせて、若者の方たちがやんややんや踊ってイェイみたいなやつ」「チックタックってアプリ」と話しており、どうやら若者の間で人気のアプリ「TikTok(ティックトック)」のことを言っているようだが、残念ながらアプリ名を間違えて連呼。

 このミスに周囲のスタッフもすぐに気づくが、あえて間違いを指摘せずに現場に笑いが起き、松坂も「あってるでしょ?」「え?違う?」「放送事故?」とその異様な空気を感じつつも、コーナーはそのまま進行されていた。

 最終的にリスナーからのメールで「ティックトック(TikTok)です」と教えられると、松坂は思わず沈黙。そして、「これは悪いぞ。そういうのはさ、普通なんか言わないと! なんか書くなり!」と間違いに気付いていながらも教えてくれなかったスタッフを責めつつも「死ぬほど恥ずかしい」と自分のミスに恥じ入った。

「この松坂のミスは当然リスナーの間でも話題となり、番組中にツイッターのトレンドに『チックタック』がランクインしています。イケメン俳優ながらアニメやゲームなどのオタク知識が豊富とあって、女性ファンからすればトークについていけない場面も多いようです。しかしそういった女性ファンも、ブレずに自分が好きなものを楽しそうに話す松坂の姿がだんだんと可愛らしく思えてきているようで、オタク趣味にも寛容になってきた感はあります。今回の『チックタック』発言もファンからは『チックタックって、普通に連呼してるところが可愛い』『お茶目なところもいいよね』『やっぱり、アニメやゲームしか詳しくないんだろうけど、それがいいね』などといった声が上がるなど、ファンの間で盛り上がりをみせていました」(エンタメ誌ライター)

 その後もラジオでは松坂の「チックタック」発言をイジるメールが殺到していただけに、当分は「チックタック」ネタが定番になりそうだ。

(権田力也)

アサジョ

「松坂桃李」をもっと詳しく

「松坂桃李」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ