【ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞】中条あやみ&柴咲コウ&石田ゆり子らが輝きを纏う

1月24日(火)23時10分 シネマカフェ

第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式

写真を拡大

東京ビックサイトで1月23日(月)より開催されている日本最大のジュエリーの展示会「第28回 国際宝飾展 IJT2017」にて、24日(火)、第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」の表彰式が行われ、受賞者らが華やかなドレスに身を包んで登場し、きらびやかなジュエリーを纏った。

「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」は、過去1年間を通じて、「最も輝いていた人」、「最もジュエリーが似合う人」、「今後もさらにジュエリーを身に付けて欲しい人」を世代別、男性部門などに分けて表彰する。第28回の世代別では、中条あやみ(10代部門)、西内まりや(20代部門)、柴咲コウ(30代部門)、石田ゆり子(40代部門)、賀来千香子(50代部門)、桃井かおり(60代以上部門)と、第一線で活躍する女優陣が顔をそろえた。

さらに、舞台、映画、テレビと幅広く活躍する三浦春馬(男性部門)、リオデジャネイロオリンピック2016で、われわれを感動の渦に包み込んでくれた卓球銅メダリストの福原愛(特別賞女性)、五輪2連覇の偉業を成し遂げた金メダリストの内村航平(特別賞男性部門)も登壇した。

受賞した面々の中で最年少の中条さんは、緊張した面持ちで、「来月20歳になるんですけど、10代最後の年にこんな素敵な賞をいただけて、本当にうれしいです」と、うやうやしくジュエリーを触ってみせた。反対に、60代以上部門での受賞となった桃井さんは第15回目以来、2度目の受賞となったが、「15回目にいただいたときに、何でそれまで呼ばれなかったのかが不満で、スピーチが荒れたのを覚えています(笑)」と桃井式ジョークで会場を一気に笑いに包み込んだ。続けて、「今回は本当にうれしいです!旦那さまや恋人がいない年頃になった70〜80歳が、一番宝石がほしいんです。60(代)と言わずに、女性はそこからがすごいんだから」と熱弁をふるい、この日一番の拍手が送られていた。

「第28回 国際宝飾展 IJT2017」は1月26日(木)まで東京ビックサイトにて開催。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中条あやみをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ