【ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞】石田ゆり子、2度目の受賞に感激 30代部門には柴咲コウ

1月25日(水)11時50分 シネマカフェ

石田ゆり子&柴咲コウ/第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」表彰式

写真を拡大

東京ビックサイトで1月23日(月)より開催されている日本最大のジュエリーの展示会「第28回 国際宝飾展 IJT2017」にて、24日(火)、第28回「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」の表彰式が行われ、受賞した柴咲コウと石田ゆり子らが登壇した。柴咲さんは、「このような素晴らしい賞をいただき、とても感激しております」と感謝の言葉を口にしながらも、「どのような宝石を身につけても、中身が伴わないと似合わないので、これからも年を重ねるごとに、もっと宝石が似合う人物になれたらいいなと思います」と、まっすぐ前を向き、大きな瞳を光らせた。

「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」は、過去1年間を通じて世代別に最もジュエリーが似合う著名人を表彰する。30代部門では柴咲さんが、40代部門では石田さんが受賞となった。1998年のデビュー以降、行定勲監督の大ヒット映画『GO』で日本アカデミー賞助演女優賞など数々の賞を受賞した。本年1月より放送されているNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で主人公の井伊直虎を演じ、国民的女優として活躍する柴咲さん。女優業以外に歌手としても活動し、2016年は「こううたう」、今年は「続こううたう」を発売している。

短く切りそろえられた髪型に似合う、シンプルなブラックのノースリーブパンツスタイルで壇上に上がった柴咲さん。「仕事柄、宝石を身につけることは多いですが、実際、普段から着用する機会は多くなくて…。今回、受賞して宝石を間近で見て感激しましたので、今後普段からも身につけたいと思います」と笑顔を見せた。さらに柴咲さんは、「物質的ですけど、宿るものは人の心だと思います。ものを扱う人の情熱は素晴らしいと思いました」と、ジュエリー製作陣に向けて敬意を表した。

そして、40代部門での受賞となった石田さんは、1988年にドラマ「海の群星」でデビューし、以後、映画、舞台、声優、執筆活動と多岐に渡って活動している。映画『北の零年』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞も受賞した。2016年、耳目を集めたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」では主人公みくりの叔母ゆりちゃん役で、キュートなキャリアウーマンを熱演。エンディングテーマ曲に合わせて踊る“恋ダンス”でのかわいらしさも手伝い、40代に入ってからも変わらぬ美貌で魅了し続けている。

モノトーン姿の受賞者が多い中、ショッキングピンクのトップスでひと際、華やかないで立ちだった石田さんは、「本当にありがとうございます」と、うれしそうに一礼。20代で受賞以来、2度目の受賞になったが、当時について「本当に緊張して、何をここでお話したか、全く覚えておりません。当時は本当に子どもで、アクセサリーは自分とすごく距離があって、つけると緊張するような存在だったんです」とふり返った。22年経ち、いまの石田さんにとって、「私にとってジュエリーは全部お守りのような存在です。自分にパワーを与えてくれたり、守ってくれたり、自分らしく存在するために力を与えてくれるものです」と語り、ジュエリーに負けない輝きを放っていた。

ふたりのほか、中条あやみ(10代部門)、西内まりや(20代部門)、賀来千香子(50代部門)、桃井かおり(60代以上部門)、三浦春馬(男性部門)、福原愛(特別賞女性部門)、内村航平(特別賞男性部門)も受賞となり登壇した。

「第28回 国際宝飾展 IJT2017」は1月26日(木)まで東京ビックサイトにて開催。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石田ゆり子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ