クリステン・スチュワート、セレブの買い物を代行『パーソナル・ショッパー』公開決定

1月25日(水)19時30分 シネマカフェ

クリステン・スチュワート、セレブの買い物を代行『パーソナル・ショッパー』公開決定

写真を拡大

クリステン・スチュワートが主演を務め、オリヴィエ・アサイヤス監督が第69回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した『Personal Shopper』が、邦題『パーソナル・ショッパー』として5月に公開が決定、その美しさに酔いそうになるティーザービジュアルが到着した。

忙しいセレブに代わり、服やアクセサリーを買い付ける代行買い物人“パーソナル・ショッパー”として、パリで働くモウリーン。数か月前に最愛の双子の兄を亡くし、悲しみから立ち直れずにいた。鍵を預かり他人の家に出入りし、時にはプライベートも覗くことになる“パーソナル・ショッパー”。そんな彼女の“隠された欲望”は徐々に抑えられなくなり、不可解な出来事を引き寄せ、謎のメールが届き始める——。このメッセージは誰からのものなのか? そして、何を意味するのか?

本作は、現在「シャネル(CHANEL)」の広告にも登場するクリステンが、米国人女優として初めて「セザール賞」助演女優賞を獲得した『アクトレス〜女たちの舞台〜』のオリヴィエ・アサイヤス監督と、2度目のタッグを組んだサスペンスフルな物語。

2016年のカンヌ国際映画祭では、「壮大かつ型やぶり! ビリビリと衝撃が走る —タイムアウト」「意味ありげで心をかき乱される心理ミステリー —テレグラフ」「カンヌ国際映画祭で長らく待ち焦がれていたような純粋な狂気の叫びを聞いた —ガーディアン」と、その衝撃的な展開が称賛を受け、物議を醸しながら、見事、アサイヤス監督が監督賞を受賞した話題作。3月2日(木)より開催される「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017」への出品も決定している。

「シャネル」が衣装協力したほか、本店を構えるパリ・カンボン通りでも撮影を敢行。さらには「カルティエ(Cartier)」ほか最先端ブランドショップも続々と登場する。クリステンが翻弄されていく極上の心理ミステリーを彩る、まばゆいばかりのファッションにも要注目だ。

『パーソナル・ショッパー』は5月、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国にて公開。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

クリステン・スチュワートをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ