「最低のクオリティー。失笑買うぞ」 秋元康がAKB48イベントにおかんむり

1月25日(金)16時36分 J-CASTニュース

秋元氏の投稿

写真を拡大

   2013年1月24日から東京ドームシティホール(東京・文京区)でスタートした、ファンからの投票で選ばれた曲をランキング形式で披露する4日間のイベント「AKB48 リクエストアワー セットリストベスト100 2013」に対し、プロデューサーの秋元康氏(54)がおかんむりのようだ。



   「開いた口が塞がらない」「中途半端だった」など散々な言いようで、ファンは怒っているかと思いきや、秋元氏を絶賛する声が大勢だ。



大島、たかみならのダンスにも「ショボかった」


   「リクエストアワー」初日の1月24日は、大島優子さん、高橋みなみさん、篠田麻里子さん、柏木由紀さん、板野友美さんによる映像とダンスのコラボレーションという豪華な前座で幕を開けた。曲の合間には電流が流れるペンやヒモを切ると大量の発泡スチロールの玉が落ちてくるというお笑い番組のような企画や、体に万歩計を付けてメンバーにカウントを競わせる企画、お笑いコンビ「COWCOW」と大家志津香さんのコラボ、市川美織さんが「花やしき」の絶叫アトラクションに挑戦する生中継のVTRなど、内容だけ見れば盛り沢山だった。


   しかし秋元氏は25日、Google+で「今日のリクエストアワーで流す告知映像が届いた。最低のクオリティーだ。開いた口が塞がらない」と、当日流す予定の映像に対し辛らつなダメ出しをした。


   前日の内容についても、


「昨日のMCコーナーも中途半端だったなあ」

「両手両足に万歩計をつけて、制限時間の中で、手足をバタバタさせながら一番カウントを稼いだメンバーの勝ちって、いつの時代の企画だろうか?(あれ、今日もやるのかなあ)」

「オープニングの映像とダンスのシンクロもショボかったなあ」

「市川美織の中継も意味がわからなかったなあ。市川は頑張っていたけど、リクエストアワーとどんな関係があるんだ?あれじゃ、市川が可哀想だ」

「AKB48の楽曲の総選挙なんだから、楽曲をきちんと観せることが一番大切だ。衣装替えの時間を稼ぎたいんだろうけど、つまらないバラエティー企画をやるくらいなら、メンバーのぐだぐだトークの方がいい」

など手厳しく批判し、最後には「業務連絡。あの告知映像は何とかしろよ。失笑を買うぞ」とスタッフに釘をさした。



「他人事すぎる」「クオリティチェック怠らないで」批判も

   愛するメンバーにここまできつい事を言われて、ファンは怒りで発狂しているだろうと思いきや、そうでもないらしい。


   秋元氏のGoogle+のコメント欄には、「思ったこと全部言ってくれてる・・・さすがです」「よく『観る側』のお気持ちを察してらっしゃる」「私もご指摘されているところに何か違和感を感じました」など、「秋元氏のダメ出しに共感する」という声が多数寄せられている。ファンにとっても、演出は見るに耐えないものだったらしい。


   秋元氏への批判もあるが、「何か色んな事を根本から見直す時期だと思います。やすす(注:秋元氏のこと)の発言が他人事すぎるのも気になります。仮にも総合Pなのに」「部下の責任にしないの チェックしないアナタが悪い この投稿に失望です」「企画丸投げはともかく、クオリティチェックぐらいは怠らないで欲しいです。後からぼやくぐらいならなおさら」など真面目で熱いものばかりだ。


   秋元氏の「初日終了後のダメ出し」は今回が初めてではない。11年7月に3日間行われた西武ドームのコンサートでは、演出上の問題などでいいものができなかったとして、メンバーの前で「今日のステージは今までの中で最低でした」と言い切っていた。これを受けて2日目、3日目と徐々に良くなっていったと後にメンバーやファンが振り返っており、秋元氏の「ダメ出し」は効果があるらしい。


   なお、「リクエストアワー」は27日まで、18時からYouTubeで生中継されている。秋元氏の発言を受けて演出にどんな変化があるのか、要注目だ。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

秋元康をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ