「ウルトラセブン」のメイン武器「アイスラッガー」のレプリカ 曲がりや汚れまでこだわって再現

1月25日(木)12時29分 J-CASTニュース

なりきり遊びやCGのなかった時代の撮影に思いを馳せられる

写真を拡大

キャラクターグッズの企画および販売などを手がけるベネリック(東京都港区)は、特撮ヒーロー「ウルトラセブン」が使用する主要武器「アイスラッガー」のプロップ(小道具)レプリカの予約受付を、2018年2月1日10時からオンラインショップ「ウルトラマンワールドM78 怪獣デパート」で始める。


ピアノ線を使用した穴まで忠実に 展示用スタンドが付属


「ウルトラセブン」の頭頂部に装着され、一度投げつけると"ウルトラ念力"による脳波コントロールで空中を自在に飛び回り白熱化、敵を素早く切断するという宇宙ブーメラン「アイスラッガー」。


当時の資料や画像、映像を元に歪みや曲がり、汚れまでこだわり、実際の撮影に使われたものと同サイズの全長約40センチ、1/1スケールで立体化。撮影当時、アイスラッガーを投げるシーンではピアノ線を使用しており、その名残の穴まで忠実に再現したという。「ウルトラマン」シリーズのメカ商品などの造形師・田中雷氏による原型を使用する。


素材はレジンキャスト。ロゴ入りの展示用スタンドが付属する。


価格は5万円(税別)。

J-CASTニュース

「ウルトラセブン」をもっと詳しく

「ウルトラセブン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ