NHK番組、なぜか「根尾昂」にモザイク 理由の「おとなの事情」って...?

1月25日(金)19時8分 J-CASTニュース

NHK「日本人のおなまえっ!」サイトより

写真を拡大

NHKのバラエティ番組で、スポーツ界のある選手の名前が「おとなの事情」(番組内の説明)で伏せられる一幕があった。その選手の名前が書かれたパネル部分には、基本的にモザイクがかかっていたのだが、ある場面では数秒間、モザイクがかかっていなかった。

その名前欄には「根尾昂」とあり、右脇には顔写真も。昨2018年に高校野球の甲子園大会を春夏連覇で沸かせた大阪桐蔭高の主力選手。ドラフト1位指名で中日入りを決め、春のキャンプインを目前に控えている。そんな注目選手にモザイクがかかったことで、ネット上では「何かやらかしたの?」といった憶測や、まだ卒業前であることから「高校生だから?」といった推測が寄せられる事態となった。



「割愛させて頂きます」





2019年1月24日、「ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!」(NHK総合)は「旬のおなまえ」を特集した。芸能界やスポーツ界などで活躍する人の名前にまつわる歴史や「ヒミツ」に迫った。生放送ではなく、収録番組だ。



司会の古舘伊知郎さんの横には大きなパネルがあり、5人分の名前欄に当初はシール状のもので覆いがしてあった。最初に芸能界のDA PUMPのISSA(邊土名一茶)さん、次にスポーツ界からテニスの大坂なおみ選手が紹介され、覆いがはがされていった。



スポーツ界2人目に移ろうとした時、その「異変」は起きた。覆いをはずそうとする場面で動きが止まり、画面がやや暗くなる。そして、中央には紫の文字で「おとなの事情」の表記が。ナレーションでも、


「続いてはスポーツ界2人目...と行きたいところですが、今回は大人の事情で割愛させて頂きます」と説明が入った。直後に映ったパネルでは、「スポーツ界2人目」欄の名前部分にはモザイク(番組キャラで判子の形をした「ハンコちゃん」映像が多数集結)がかかっていた。



もっとも、「おとなの事情」が表示されていた画面では、ハンコちゃんが多数躍るような動きを見せ、次画面に移る直前には「ププー」と、明るい調子の「車のクラクション」様の音も入るなど、かなり軽めのノリを前面に出す構成となっていた



モザイクなし画面には「根尾昂」




その後の場面はカットされたようで、番組を見ている範囲では、何事もなかったかのように、パネルの欄の上から4人目となる「文学界 又吉直樹」さんのコーナーに移っていった。その後も番組の画面は、資料映像やひな壇のゲスト、そして司会の古舘さんに次々と変わる。古舘さんの脇にある大きなパネルが映ることもある。又吉さん本人のコメント映像が終わったあとも、パネルはチラチラと映り込む。



パネル映像(モザイクあり)→画面変わる→パネル映像(モザイクあり)→画面変わる→パネル映像(モザイクあり)→画面変わる...。そして次の瞬間、画面中央に映ったパネルには、先ほどまであったモザイクはかかっておらず、スポーツ界2人目の欄に「根尾昂」とあり、右わきには顔写真も映っていた。約2秒間ほどだろうか、文字ははっきりと読み取れた。また画面が変わり、次にパネル映像に戻った際には、またしっかりとモザイクがかかっていた。



ツイッターには、「根尾昂」の文字が読める場面を切り取った画像を投稿する人もおり、


「一瞬『根尾昴』って名前が出てまた次のカットでは隠されてたけど、この人何かやらかしたの?」

「なぜ根尾昴を大人の事情で隠してたのか問題」

と気になって反応する人が相次いだ。



根尾選手がまだ高校卒業前であることから、「高野連の取り決めとの関係では?」「まだ高校生だから?」といった推測を披露する人もいた。



また、放送日がたまたま、春の選抜高校野球の出場校が決まる選考会(25日)の前日だったこともあり、選考への何らかの影響をNHKが考慮に入れた可能性が頭をよぎった人もいたようだ。



高校野球めぐる「商業利用の禁止」との関係は?




キーワードとして指摘する人も多かった「高校野球」をめぐっては時折、「商業利用の禁止」が話題にのぼることがある。日本高校野球連盟のサイトで「日本学生野球憲章」を確認すると


「学生野球は、学生野球、野球部または部員を政治的あるいは商業的に利用しない」

との規定がある。また、同憲章には、


「(野球部、部員らは)報道目的以外の取材に対し、学生野球に関与している事実を示して、新聞・通信、テレビ・ラジオ、出版などに関与する場合には、(略)または日本高等学校野球連盟の承認を得なければならない」

といった記載もみつかる。



ただ、根尾選手の場合、確かにまだ高校卒業前ではあるが、プロ野球・中日の入団会見も済ませ、2月からの春キャンプに向け合同自主トレーニングに参加(1月23日に右ふくらはぎを故障)するなどの活動を始めているという側面もある。



NHKがいう「おとなの事情」とは、こうした学生野球憲章と何か関係があるのだろうか。それとも、まったく別の事情があるのだろうか。J-CASTニュースは25日、NHKに見解を取材した。


NHK広報の回答は、一部映像でモザイクがはずれていたことについては、


「一部加工処理をし忘れたため、再放送(編注:1月29日未明)では修正を行います」

とのことだった。



また、ネット上で「不祥事のようなもの」や「高校野球との関係(高野連からの指摘等)」について憶測が出ている点を踏まえ、「おとなの事情」について「もう少しだけでも踏み込んだ説明」を問うたところ、


「不祥事や高校野球連盟からの指摘という事実は一切ありません」

との回答だった。

J-CASTニュース

「NHK」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「NHK」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ