天海祐希「休憩中も座らない」好調支える吉永小百合の教え

1月25日(土)6時0分 女性自身

「天海さんは現場では“座長”や“リーダー”と、呼ばれています。長い収録時間にもかかわらず、出演者やスタッフたちのテンションが保たれているのは、天海さんの細やかな気遣いによるところも大きいでしょうね」と語るのは、ドラマ制作関係者。



天海祐希(52)主演のドラマ『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』(日本テレビ系)は第1話が13.0%、第2話12.4%と視聴率も好調だ。彼女の座長ぶりについて、前出のドラマ制作関係者が続ける。



「医療に関わる専門用語も多く、セリフを覚えるのも、よどみなく話すのも、かなり大変です。ある共演者が天海さんとの掛け合いでNGを連発してしまったとき、天海さんが『大丈夫! (NGなんて)何度出してもいいから、思い切って(役を)演じて!』と、笑顔でフォローしていたのが印象的でした」



特に年末は長丁場の撮影が多かったという。



「現場での天海さんの掛け声は、『休むときは休む、やるときはやる。今日も1日乗り切りましょう』という感じです。しかしそういう天海さんは、収録の合間にも全然休みません。撮影現場の椅子にも座ることなく、歩き回って、共演者やスタッフたちとのコミュニケーションをはかっています」



実はこの“休憩中でも座らない”というスタイルは、彼女が尊敬する先輩女優から影響を受けたものだという。天海を知るファッション関係者は言う。



「昨年公開の映画『最高の人生の見つけ方』で共演した吉永小百合さん(74)です。天海さんは、大女優なのにもかかわらずストイックな姿勢を続けている吉永さんを慕っているのです」



映画界では“座らない女優”としても知られている吉永。彼女自身は、昨年出演したドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀 吉永小百合スペシャル』(NHK総合)で、次のように明かしている。



「(撮影の合間でも)立っているほうがリズムがいいというか。(座ってしまうと)出演者じゃなくて観客になっちゃうみたいな。そういう怖さが自分にはあるんです」



吉永との共演により天海も得るところは多かったようだ。雑誌のインタビューではこう語っていた。



《(撮影中に)小百合さんが経験されたお話を伺って、私はそれを経験していないけれど、たくさんの貴重な学びがあったのです》(『美ST』’19年12月号)



“小百合の流儀”も身に付けた視聴率女王の快進撃は続きそうだ。



「女性自身」2020年2月4日号 掲載

女性自身

「天海祐希」をもっと詳しく

「天海祐希」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ