【冬ドラマ】『トップナイフ〜天才脳外科医の条件〜』各話あらすじ&ネタバレ

1月24日(金)17時19分 海外ドラマboard

天海祐希主演の新ドラマ『トップナイフ〜天才脳外科医の条件〜』。毎週土曜夜10時から放送されている医療ドラマです。そんな本作の各話あらすじ&ネタバレ情報を更新!※最終話までのあらすじ&ネタバレを更新しました。(2020年3月16日)

『トップナイフ〜天才脳外科医の条件〜』とは

舞台は、東都総合病院。
ここには、通称「女帝」と言われている天才脳神経外科医・深山瑤子(天海祐希)が務めていた。
そんな彼女の悩みは、脳外部長・今出川孝雄 (三浦友和)から、新しく赴任する3人の脳神経外科医のまとめ役を押し付けられたこと。

“世界のクロイワ”の異名を持つ世界的名医だが、私生活では女癖の悪さで有名な黒岩健吾(椎名桔平)。
外科とカテーテルの二刀流で、オペが大好きな西郡琢磨 (永山絢斗)。
そして医学部を首席で卒業した自信家だが、現場での実力が伴わない専門研修医の小机幸子(広瀬アリス)。

個性豊かな3人をまとめながら、「トップナイフ」として走り続ける彼女のリアル・ドクター・ストーリー。

第1話:脳腫瘍で性格が一変!?

この投稿をInstagramで見る

日本テレビ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」?(@topknife_ntv)がシェアした投稿 -

1月11日放送
視聴率:13.0%

【あらすじ】

東都総合病院で“女帝”と名高い脳神経外科医の深山瑤子(天海祐希)は、脳外部長の今出川孝雄 (三浦友和)から、新しく赴任する黒岩、西郡、小机3人の脳神経外科医のまとめ役を押し付けられ、ストレスを抱えていた。

赴任早々、急患の対応を任されフリーズした小机の前に現れた深山は、的確な判断と鮮やかな腕で患者の危機を救う。
一度傷つけば取り返しのつかない“脳”を扱う脳神経外科は執刀医の腕が全て。
深山は現場で使い物にならない小机に早速苛立ちを覚える。
さらにナースたちの間では腕の立つ“トップナイフ”である黒岩と西郡が“女帝”と衝突するだろうと噂されており……。

そんな中、深山は黒岩がオペを担当する脳腫瘍患者の妻・宅間みどり(堀内敬子)から「もっとしっかり患者を診てくれる先生に手術をやってもらいたい」と急遽オペの中止を頼まれる。
これまでの経過を診てきた深山が代わりにオペを請け負うものの、みどりの反応はなぜか冴えない。

さらに深山は簡単に自分の患者のオペを譲る黒岩と、患者との向き合い方をめぐって衝突!
黒岩にライバル心を燃やす西郡がサポートに入り、宅間浩のオペが行われることになる。
だがオペ直前、“ある秘密”を抱えたみどりが再び手術の中止を申し出る……。

出典元:https://www.ntv.co.jp/topknife/story/01.html

【ネタバレ】

実は8年前、お金を稼ぐようになってから人が変わり、酒と女に溺れ暴力も振るっていたという宅間。
脳腫瘍が見つかってからは、まるで別人のように性格が一変したため、手術をしてまた元に戻るのではないかと心配していたのだ。
不安なみどりに深山は、8年前の性格の変化は脳腫瘍が原因かもしれないと説明する。

一方、以前小机が診断した女性患者が手のしびれを訴えるが、異常は見られない。
だが通りかかった黒岩が診断すると、すぐに手術が必要だと言われる。

宅間の手術をしていた深山は、腫瘍ではなくタマゴを摘出する。
実は脳腫瘍だと思っていたものは、ベトナム旅行の際に入り込んだサナダ虫であった。
性格が変わったのも腫瘍のせいではないことがわかり、複雑な顔をするみどり。
そんな彼女に深山は、手術や大病によって人生観が変わる人もいると諭すのだった。

女性の手術をする黒岩、直感通り血腫を見つけ取り除き、無事手術を成功させる。

その後宅間の意識が戻ると、彼はみどりに優しく手を差し出してくる。
その手を握り返すと「ただいま」と宅間は笑顔で言うのだった。

病院の近くのバー「カサブランカ」に集まる深山たち。
宅間のことについて話をする深山に、黒岩は脳腫瘍でないことは分かっていた旨を伝えるのだった。

第2話:顔面の痛みを引き起こす脳腫瘍

この投稿をInstagramで見る

日本テレビ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」?(@topknife_ntv)がシェアした投稿 -

1月18日放送
視聴率:12.4%

【あらすじ】

「女は脳外に向いていない」と公言する黒岩(椎名桔平)と、自信家だが実力のない幸子(広瀬アリス)、さらには黒岩にライバル心剥き出しの西郡(永山絢斗)と、足並みの揃わないドクターたちに手を焼く深山(天海祐希)。

相変わらず調子のいい部長の今出川(三浦友和)は“共感性”の高い深山なら他のドクターの気持ちもわかる、と深山の話を取り合わず……。

そんな中、深山は1年前に脳挫傷を負って回復した後、頭痛が取れなくなったという外来患者・牧羽由香里 (松本若菜)を診察する。
由香里は、実は脳外のドクターにつきまとわれて困っていることを相談に来たと話し、診察室の集合写真に写った黒岩を指差す!
深山から女性関係のトラブルを指摘され心当たりの相手がいる黒岩。
しかし翌日、黒岩につきまとわれていると話していたはずの由香里が、黒岩とすれ違っても全く反応しない様子に深山は違和感を抱く……。

一方、自殺未遂を繰り返し屋上から転落した患者・桑原和子(濱田マリ)を担当する西郡は、自殺願望を持つ和子に強い嫌悪感を感じていた。
10年前から顔面に強い痛みを感じる“三叉神経痛 ”を抱えながらも誰にも理解されてこなかったと話す和子は、「“痛み”は誰にもわからない」と諦め顔で語る。
西郡は和子のその言葉が気にかかる様子。
“痛み”に関する何かが西郡の過去にはありそうな予感で...

出典元:https://www.ntv.co.jp/topknife/story/02.html

【ネタバレ】

三叉神経痛に悩んでいる和子に、西郡は脳腫瘍の手術を提案する。
深山は牧羽が事故の後遺症から、顔の認識が混乱し、黒岩や西郡がその男性に見えていることを突き止める。

その頃西郡は和子の手術を試みるが、途中で手が震え出し、深山が交代する。
手術の結果和子の痛みは消え、10年ぶりの化粧に心を躍らすのだった。

牧羽の手術も終わり、彼女は黒岩の手を握ったまま眠りにつく。
黒岩が帰宅しようとすると外にある女性が待っていた。
ベンチに座る男の子を「あんたの子だから」と言うのである。

一方帰宅した深山の元にも、家の外でまみ(桜田ひより)という女子高生が立っていたのだった。

第3話:深山が容疑者に⁉

この投稿をInstagramで見る

日本テレビ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」?(@topknife_ntv)がシェアした投稿 -

1月25日放送
視聴率:12.9%

【あらすじ】

突然転がり込んできた実の娘・真実(桜田ひより)に戸惑う深山(天海祐希)、元交際相手から「あなたの子供だ」と、小学生を突然押し付けられた黒岩(椎名桔平)、バーのチャラいマスター・来島(古川雄大)への恋心を指摘されて動揺する幸子(広瀬アリス)と、脳外のドクターたちのプライベートは前途多難。

子供の面倒を見る為、シフトの調整をしようとする今出川(三浦友和)だったが、深山と黒岩はあえて仕事を優先する。

そんな中、黒岩は関西弁の患者・赤坂(金井勇太)から、生粋の東京人であるにも関わらず、外傷性くも膜下出血になった後、関西弁しか話せなくなったと相談を受ける。

一方、西郡(永山絢斗)が連日長時間のオペを志願していることを知った深山は、手に震えの出る西郡が何か事情を隠しているのではないかと問い詰めていた中、突然やってきた刑事から“殺人容疑”で連行されそうになる!
通報者は「深山のオペで殺された」と主張していて・・・。

出典元:https://www.ntv.co.jp/topknife/story/index.html

ネタバレ

殺されたと主張するその男性・神戸は、「自分は死んでいる」と思い込んでしまうコタール症候群という病気にかかっていた。
そんな時神戸は突如、「死んでいるのだから」と病院の室内で飛び降りてしまう。
駆けつけた西郡と深山が手術をした結果、一命をとりとめる神戸。

目覚めた彼はまだ「自分は死んでいる」と思っていた。
離婚し疎遠になってしまった妻と子供について語る神戸は、自分の人生がつまらないと呟くのだった。

一方赤坂は、百合にプロポーズを決心するも関西弁が嫌いな彼女にどう接すればいいのか悩む。
関西弁を隠しながら頑張って告白するも、百合が返事に戸惑う間に倒れてしまう。
深山たちは、倒れた原因が甲状腺グリーゼだと発見し手術する。

その騒ぎに乗じて病室を抜け出した神戸。
そんな彼は、気づくと黒岩の息子・保と動画を見て微笑んでいた。
くだらないことで笑えると悟った神戸に、黒岩は生きてますよ、と告げる。

その後小机は、赤坂の彼女の百合に状況を告げ、関西弁くらいで嫌がらないでほしいと語る。
赤坂の目の前で「嫌じゃない」と告げる百合。彼女は赤坂のプロポーズに応じるのだった。

【最新】2020年冬ドラマの視聴率ランキング&一覧(ネタバレ・あらすじ付き)【1月〜3月版】 | 海外ドラマboard

他のドラマの視聴率ランキング一覧はこちら

第4話:記憶のない患者たち

この投稿をInstagramで見る

日本テレビ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」?(@topknife_ntv)がシェアした投稿 -

2月1日放送
視聴率:10.6%

あらすじ

深山(天海祐希)たちは救急搬送された記憶のない女性患者(中尾ミエ)の身元特定に頭を抱えていた。
名前もわからず家族に連絡もできない中、複雑な表情を浮かべていた西郡 (永山絢斗)は、女性患者と自分の関係を告白する。

患者の娘・千春(三浦透子)によると、女性心臓外科医の第一人者だった患者・喜和子は2年前に脳腫瘍を発症。
誰もやりたがらない難手術を西郡が執刀した結果、記憶をなくして徘徊を繰り返すようになったという。
手術ミスのせいで喜和子の人生が台無しになったと千春は西郡を責めていて…。
さらに、喜和子の意外な正体が明らかになる。

そんな中、60代の男性・山口清(本田博太郎)が幼馴染の内田正 (綾田俊樹)に付き添って病院を訪れる。
記憶が3分しかもたず、自分が33歳だと思い込んでいる内田。
彼を親身に世話する清だが、なぜかバッグの中には包丁を隠し持っていて……。
今出川(三浦友和)は清が心に抱えている暗い感情に気づくが……。

黒岩(椎名桔平)は西郡が切除しきれなかった腫瘍が喜和子の“逆向性健忘”を引き起こしている可能性に触れ、西郡の脳外科医としての腕を酷評する。
西郡と喜和子との関係を自分と娘の関係に重ねる深山はその夜、カサブランカで顔を合わせた黒岩に言い過ぎだとたしなめるが、「甘い」と切り捨てられて……。
一方、来島(古川雄大)への思いを持て余す幸子(広瀬アリス)は、自身をコントロールできなくなる中、まさかの来島からの急接近が!

記憶をなくした患者とその周りの人間関係が渦巻く中、深山は脳に刻まれた患者の『真の想い』を読み解いていく。

出典元:https://www.ntv.co.jp/topknife/story/

ネタバレ

ある時、山口が内田を外に連れ出す。
山口は内田が本当に記憶を失くしているのかが気になって仕方ないようだ。

内田を連れ出した先で山口は、自分の抱えている闇を明かす。
昔投資会社で成功した内田は、そこから企業を買収しては潰していた過去があった。
その潰された企業の中の一つに、山口の父親の旅館も入っていたと言うのだ。

父親を殺したことへの憎しみから、内田を襲おうとする山口。
その時、間一髪のところで深山が制止する。

山口からすべてを聞く深山。
山口と内田はかつて仲の良い幼馴染でもあった。

過去の憎しみを引きずる山口に向かって、深山は内田にとって山口が「大好きな人」であるということに変わりはないということを説明する。
記憶をなくしても感情の記憶だけは脳の扁桃体が憶えているというのだ。

きっと内田さんは上からの命令で嫌々仕事をやっていて、決して山口さんに恨みがあったわけじゃないと言う深山。
その言葉を聞いた山口は、心を入れ替え内田に接するのだった。

一方、西郡は黒岩に母・喜和子の手術を懇願する。
引き受けた黒岩は、見事な腕で手術を成功させる。

そして術後…。
目を覚ました喜和子は、西郡を見ると「やっぱり才能ないね」とつぶやくのだった。

第5話:才能とは何なのか

この投稿をInstagramで見る

日本テレビ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」?(@topknife_ntv)がシェアした投稿 -

2月8日放送
視聴率:9.1%

あらすじ

黒岩(椎名桔平)の実力を前に自信をなくした西郡(永山絢斗)と、恋に心を乱され仕事に集中できない幸子(広瀬アリス)。
深山(天海祐希)は二人を気にかけるが……。

そんな中、今出川(三浦友和)は聴神経腫瘍が見つかった天才的ピアニスト・景浦(柿澤勇人)の難しいオペにあえて西郡を指名する。プレッシャーを感じつつも努力を重ねる西郡。

そんな中、自身の才能に絶望し自殺を図ったピアノ講師・麻理恵(大西礼芳)が西郡の診察を受ける事に−。そして、二人は距離を縮めていき…。

出典元:https://www.ntv.co.jp/topknife/

ネタバレ

西郡と麻理恵の仲が親密になる中、麻理恵に脳腫瘍があることが発覚する。
作曲家になる夢を叶えたい麻理恵は、手術を拒否。
手術をするべきだと言う深山には耳を傾けず、西郡は放射線治療を行っていく。

一方、景浦の部屋を訪れた深山は、彼が自分の才能の限界を感じていることを知る。
タレントとして活動をしたい景浦にとって、恐ろしいのは聴神経よりも顔面神経が無くなることだった。

景浦の手術を行う西郡。
深山たちが見守る中、シュミレーションの甲斐もあったのか、西郡は見事に手術を成功させる。
するとそこに、景浦のマネージャーがくも膜下出血で倒れたとの知らせが入る。
景浦を心配するあまり、水も飲まずに10時間近く座りっぱなしだったのだ。
すぐにオペを始める西郡だったが、動脈瘤の対処ができず黒岩が代わりに行う。

自信を失くす西郡の元に、道端で倒れてしまった麻理恵が搬送されてくる。
実は麻理恵は、脳腫瘍により一種のサヴァン症候群になっていた。
カフェで流れている曲を自分が作曲したかのように錯覚してしまう病気だったのだ。

自分の才能の無さに絶望を感じ、涙を流す麻理恵。
「これからどうすればいいのか」と言う彼女に対して、何も言えない西郡。
そして彼は、母・喜和子の病室に行き、自分が平凡な医者だと認めるのだった。

第6話:幻に翻弄される患者たち

この投稿をInstagramで見る

日本テレビ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」?(@topknife_ntv)がシェアした投稿 -

2月15日放送
視聴率:10.1%

あらすじ

オペ以外の雑用が自分に回ってくることにストレスを感じる深山 (天海祐希)。
一方、リストラの噂を耳にした幸子 (広瀬アリス)は自分のクビが切られるのでは、と戦々恐々。
深山に取り入ろうとするが……。

そんな中、西郡 (永山絢斗)は自分の幻“ドッペルゲンガー”が見えるという患者・大澤卓司 (山本浩司)を診察する。
実は大澤は10年前まで深山の下で東都総合病院の脳外科にいた医者。
深山にクビを切られてから、内科医として開業医の実家を継いだのだと言う。
大澤にだけ見える不穏な“幻の自分”は、深山に復讐をするようけしかけているのだが……。

スタッフステーションでは、当時部下だった大澤に脳外科認定試験を受験する許可さえ出さなかったという“氷の女”深山の噂が飛び交い、幸子は自分の行く末を案じる。
西郡は、脳外科医になる道を断たれた大澤がかつて病院から飛び降り自殺を図ったと聞き、今出川 (三浦友和)に真偽を確かめるが……。

一方、事故に巻き込まれ左手を切断した入院患者・原田保 (笠松将)は、切断してなくなったはずの腕に激痛を感じる“幻肢痛”に悩まされていた。
頭蓋骨骨折の経過観察のため入院している原田だが、脳外科の分野では“幻肢痛”に対処する方法はなく……。
元高校球児で社会人になっても野球を続けていた原田にとって腕をなくした大きな喪失感が幻肢痛に起因していると想像する黒岩(椎名桔平)は、息子と同じ“保”という名前がひっかかり、痛みに呻く原田を気にかける。
実は、その痛みには原田がずっと抱えてきた後悔が隠されていて……。

そして深山が自分を避けていると感じた大澤は、“幻の自分”の悪魔の囁きに背中を押され復讐を実行しようと決意。
深山を狙って細工をしたエレベーターに立てこもる!
しかも、ちょうど出張販売に来ていた来島 (古川雄大)と入院患者・木元(吉田美佳子)も巻き込まれてしまい……。

大澤がメスを手に深山に迫る中、木元が突然倒れ、一刻を争う緊急事態が勃発する!
深山はエレベーター内で前代未聞の緊急オペをしようとするが……!!

出典元:https://www.ntv.co.jp/topknife/story/06.html

ネタバレ

エレベーターで突如倒れてしまった木元。
彼女の脚を見ると、左足がうっ血し、膨らんでいた。
自分の脚を切り落としたいと思っていた木元は、昨日から脚を縛っていたのだと言う。

すぐに手術をしなければ死んでしまうと判断した深山は、エレベーター内でのオペを決行する。
男は入れるなという大澤の要求から、幸子が深山に手術道具を渡すことになる。

手術をする中、大澤は自分が切られた理由を深山に聞く。
実は大澤が飛び降りたのは、研修医時代からずっと見てきた患者・三島ココという女の子がオペ後の事故から死んでしまったことが原因だった。
精神的に不安定になってしまった大澤を見て、深山は試験を受けさせなかったのだと言う。
図太い神経の持ち主でなければ医者は務まらないのである。

無事に手術も終わり、エレベーターも開くが、今度は大澤が発作を起こしてしまう。
すぐさまオペを行ったおかげで、一命を取り留める大澤。
現れたドッペルゲンガーから労われ、涙するのであった。

一方、黒岩が気にかけていた患者・原田。
彼には、自分のミスのせいで甲子園に出れなかったという過去があった。
幻肢痛はこの後悔が原因だった。

話を聞いた黒岩は、病室に原田の高校時代のチームのメンバーを呼ぶことにする。
突然現れたメンバーに驚くも、当時の試合について謝る原田。
そんな原田を見たメンバーたちは、原田が頑張っていたことは知っていたと優しく励ますのだった…。

【最新】2020年冬ドラマの視聴率ランキング&一覧(ネタバレ・あらすじ付き)【1月〜3月版】 | 海外ドラマboard

他のドラマの視聴率ランキングはこちら

第7話:顔の識別ができない女の運命

この投稿をInstagramで見る

日本テレビ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」?(@topknife_ntv)がシェアした投稿 -

2月22日放送
視聴率:10.6%

あらすじ

深山 (天海祐希)は臨床経験の浅い幸子 (広瀬アリス)の弱点を克服させるため、今まで以上に厳しい指導を始める。
そんな中、脳外科のドクターが一人辞めるという噂を聞いた深山は、新任の3人から辞める人を選ぶのは決断が早すぎると今出川(三浦友和)に詰め寄るが、お茶を濁される……。

深山は、酔って階段から転落し後頭部を強打したエステサロンの経営者・滝野祥子(原沙知絵)を担当する。
血腫を取り除く手術を受け、経過観察のために入院している祥子の病室には見舞客が後を絶たず、中でも二人の男性・池谷(木村了)と西川(夙川アトム)は足しげく病室を訪れている様子だが……。

そんな中、深山は祥子から「顔がわからない」と打ち明けられる!
人の顔の部分が誰のものなのか識別できない状態の祥子を、深山は“相貌失認 ”と診断。
祥子をめぐり微妙な関係の様子の池谷と西川は、お互いに気まずい距離感を保ちながらも祥子を心配している様子で……。

一方、病院には深山の娘・真実(桜田ひより)がこっそり訪ねてくる。
家で仕事の話を全くしない深山の働く姿を見たいという真実を味方につけるべく、幸子は手厚く接待するが……。
真凛 (森田望智)からいつも深山がこなしている激務について説明を受けた真実は、患者のケアと他のドクターのまとめ役に奔走する母親の“別の顔”を垣間見る。

仕事を優先してきた女性として通じるところのある深山に心を許した祥子は、ある男性との結婚を迷っていることを打ち明ける。祥子の既往症に気になる部分のあった深山は、医師として祥子に寄り添うが……。
そんな中、祥子はある事がきっかけで記憶がフラッシュバックし“自分は誰かに突き落とされた”という事を思い出す!
犯人は、池谷と西山のどちらなのか?人間の持つ“別の顔”が引き起こす悲しい事件!

出典元:https://www.ntv.co.jp/topknife/story/07.html

ネタバレ

祥子と話していくうちに、彼女が多嚢胞性卵巣症候群で子供ができにくい体だということを知る深山。
既往症が原因で結婚に弱気な祥子に、深山は寄り添う。

そしてある時、深山と外に出た祥子は突如階段から落ちた時のことを思い出す。
彼女は誰かに突き落とされていたのだ。
犯人の顔は見えなかったが、ネックレスをしていたと話す祥子。
西郡にも話し警察に連絡しようとしていた時、盗み聞きしていた池谷は静かにネックレスを外すのだった。

西郡は、度々病室に来ていた2人の男性が怪しいと疑う。
そんな中、西川の元に祥子から「誰かに襲われたかも」というメールが届く。
危険を感じた西川は、すぐさま病院に駆けつける。

祥子を突き落とした犯人は、池谷の方だった。
祥子になかなか振り向いてもらえなかったことに嫉妬し、犯行にいたったのである。

怖くなり、病室を抜け出した祥子。
そんな祥子に、西川を装い近づく池谷。
祥子には、顔の区別がつかないため、彼が池谷だとはわからなかったのだ。

池谷に地下の駐車場まで連れてこられた祥子。
危険を感じた時にはもう遅く、池谷に襲われてしまう。
そこに、ようやくメールを見て駆けつけてきた西川がやってくるが、池谷にやられてしまう。

またしても西川に成りすまし、祥子に近づく池谷。
しかし彼が池谷だとわかった祥子は、彼の股間を蹴る。
無事に捕まる池谷。

深山がなぜ見分けられたのかと問うと、祥子は西川の方が弱いからだと答えるのであった。

第8話:左手に若い女性を見る夫

この投稿をInstagramで見る

日本テレビ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」?(@topknife_ntv)がシェアした投稿 -

2月29日放送
視聴率:11.0%

あらすじ

幸子(広瀬アリス)が担当する脳出血の患者・前川(金田明夫)は、麻痺した腕を他人の腕と思い込む、いわゆる“エイリアンハンド”と診断され、さらに左腕を擬人化し「愛する若い女性」と言い出す…。

前川の目には確かに自分の左腕が若い女の姿に見えている様子で…。
献身的に介護をしてきた前川の妻・ 純子(原日出子)はたとえ幻覚であっても若い女にうつつを抜かす夫の裏切りに、ショックと怒りを感じる。
一刻も早く手術をする必要がある前川だが、純子は、夫への復讐なのか?手術の同意書を拒絶するのだった。
深山(天海祐希)を頼ろうとする幸子に、今出川(三浦友和)は珍しく厳しい口調で自分で同意書を取るよう叱咤する……。

今までにない今出川の剣幕に焦りを感じて純子を説得しようと試みる幸子。
しかし、長年の夫婦関係で、前川に抱く純子の複雑な心情を前にした幸子はかける言葉が見つからなかった。
脳外科に来てからの3ヶ月間、全く結果を出せていないことを人知れず悩んでいた幸子は、犬飼 (福士誠治)や真凛 (森田望智)の励ましを受けながら、前川にもアプローチするものの…。

そんな中、病院に深山の別れた夫・沢城 (小市慢太郎)とその妻・薫 (酒井美紀)が訪れる。
深山の元に家出したまま戻ってこない娘・真実 (桜田ひより)を心配する沢城に、ようやく真実と打ち解けてきた深山は複雑な心境で対応する。

一方、近い将来アメリカに戻る予定の黒岩(椎名桔平)は、姿を消した保の母親を探すがなかなか見つからず、心を開かない保との関係にも手を焼いていたのだった…。

出典元:https://www.ntv.co.jp/topknife/story/index.html

ネタバレ

純子を説得するため、論文から何かヒントを得ることができないか、と論文を読み漁る幸子。
ようやく見つけた論文から、数分だけ症状を落ち着かせることができることができるとわかった幸子は、その数分の間に前川に説明をし、同意書を書いてもらうことを試みる。

実験を始めた途端、「やめてください」と訴える純子。

実験は成功、腕に宿っていた愛する若い女性のアツコが消え、いつもの前川が戻ってきた、と思ったのもつかの間、症状が落ち着いたのはたったの1分程度だった。
あっという間に左腕のアツコは戻ってきたのだ。

前川に直接同意書をもらうことはできなかった幸子だが、実験をやめてほしいと訴え病室を出て行った純子の元へ向かうと、同意書を渡される。
事情を尋ねると、前川の腕に宿っていたアツコという若い女性は、過去の純子だったことがわかる。
昔、誘いがしつこかった前川に、嘘の名前「アツコ」を伝えていたのだという。
今の自分より過去の自分を愛していることがわかった妻の純子は、複雑な思いを抱いていたのだ。

無事手術を終え、前川に寄り添う純子を見て、人間って面倒だけど面白い、と呟く幸子。


そんな中、アメリカに戻る予定だった黒岩は、保のことを考え、日本に残るかもしれないと今出川に相談をしていたのであった。



第9話:最難関手術に挑むトップナイフたち!

この投稿をInstagramで見る

日本テレビ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」?(@topknife_ntv)がシェアした投稿 -

3月7日放送
視聴率:11.4%

あらすじ

深山(天海祐希)たちは転院してきた深刻な脳腫瘍の患者が今出川(三浦友和)の妻・里美 さとみ(有森也実)であることを知る。

実は今出川は、最初から妻に最高の治療を受けさせることが目的で、黒岩(椎名桔平)と西郡(永山絢斗)を東都総合病院に呼び入れていたのだ。今出川はすでにキャリアを捨てる腹をくくっていて……。
一方、保の学校に忘れ物を届けに行った黒岩は、同級生からのいじめを無反応にやりすごしている保の姿に、かつての自分に似た“息子”の一面を見る……。

その日の午後、深山と黒岩、西郡は、三人の技術を結集して里美のオペを遂行すべく計画を詰めていた。そんな三人に頭を下げた今出川は、深山に自分の後任を任せようと思っていることを打ち明ける。

一方、病室で里美の様子を見ていた幸子(広瀬アリス)は、脳腫瘍が引き起こす“譫妄状態 せんもうじょうたい”のせいでさっきまで今出川を夫だと認識できずに罵倒していた里美が、ころっと普通の状態に戻っている様子にショックを受ける。これまで今出川の元に怒鳴り声の電話がかかってきていたのは、錯乱状態の里美の電話だったのだと気づいた幸子は、優しく里美に接する今出川の心中を察する。

翌日、解体工事中の現場で鉄筋が頭を貫通した少年・添野 徹が緊急搬送されてくる!絶体絶命の事態に深山と西郡が緊迫のオペに挑む!そんな中、徹の母親・良美は焦燥しきった様子だが……。

出典元:https://www.ntv.co.jp/topknife/story/09.html

ネタバレ

保がいじめられているのを見てしまった黒岩はやるせない気持ちになり、保をご飯に連れて行くことに。
ステーキを美味しそうに食べ、嬉しそうにドリンクバーを何杯も飲み、子供らしい姿を見せた保。
友達に蹴られていたことについて問い、自分の身は自分で守れ、男はなめられちゃいけないと保に教える黒岩だった。

今出川の妻の手術について計画を練っていた3人。
そんな中、頭に鉄筋が刺さった14歳の患者、徹が運ばれてくる。
西郡と深山がすぐに手術に臨むことに。

一方、今出川の妻が暴れ出し、対応する黒岩と幸子。
一旦は落ち着いた様子。

その後、保のDNA鑑定を気にしていた黒岩の元に、保の母が突然訪れる。
保を返して欲しいという突然の頼みに、思わず「ふざけるな!」と院内で叫んでしまう黒岩。
親子関係はなかった保とは別れることになってしまった。

今出川の妻の手術は、今出川自身がやるのが良いのではないかという話になり、彼が行うことに。
大きい手術なだけに、入念なリハーサルが進められていく。

手術が始まり、緊張感が走る院内に、衝撃の事実が…。

なんと、目を覚ました徹が、鉄筋が刺さったのは事故ではなく母に殺されそうになったと主張するのだ。

第10話:最終回

この投稿をInstagramで見る

日本テレビ「トップナイフ-天才脳外科医の条件-」?(@topknife_ntv)がシェアした投稿 -

3月14日放送
視聴率:11.6%

あらすじ

いよいよ今出川(三浦友和)の妻・里美(有森也実)のオペが始まろうとしていた。まずは西郡(永山絢斗)と幸子(広瀬アリス)が開頭した状態の里美に話しかけながら脳のチェックをしていく。今出川も参加し、順調にオペが進むが……。

一方、深山(天海祐希)は、鉄筋が頭部を貫通する事故から奇跡的に回復に向かっている中学生・徹(田中奏生)から、「母親に殺されそうになった」と打ち明けられ、驚きを隠せない。

そんな中、手術室では里美のオペにトラブルが発生!全身痙攣を起こした里美のもとに深山と黒岩(椎名桔平)が合流する—。
徹の被害妄想は脳の損傷による“譫妄 せんもう”が抱かせている可能性があるという深山の説明に、思いつめた表情で聞く、徹の母・良美(鈴木杏)。

さらに、徹は見舞いに来た良美のことを“お母さんを乗っ取った宇宙人”だと言い出す……!深山は血液の逆流で脳出血を起こす危険のある徹に、再びオペをすることを決断。しかし、オペを前に突然徹の容態が急変する……!!

出典元:https://www.ntv.co.jp/topknife/story/

ネタバレ

徹の妄想が治らない中、良美を宇宙人だと思っている徹は、「顔の皮を剥がそうとした」などと言い、良美は顔に怪我をしてしまう。
実は、学校に行きたがらない徹に対し良美が怒り、口論になった二人。
揉み合いをしているうちに徹が崖から落ちてしまい、落ちた先にあった鉄筋が頭に刺さってしまったということだった。

その後突然頭を押さえ痛がる徹は、病室を飛び出し廊下をフラフラと歩き出す。
駆けつけた深山の判断で、緊急オペをすることに。

手術に向かう深山の元に、荷物を持った真実が現れ、「もう逃げない」と言いに来る。
真実は元のお家に戻ることとなった。

そんな中、今出川の妻、里美が目を覚まし、徹の手術も無事成功したのだった。

そして、深山は部長職を受けることに。
「手術もします。それが私の目指す脳外科医だから」と言う深山であった。

その晩、カサブランカで、新部長の就任会が行われていた。
深山が挨拶をしていると、救命から大事故が発生したとの連絡が…。

急いで病院に向かうメンバーたちだった。

【最新】2020年冬ドラマの視聴率ランキング&一覧(ネタバレ・あらすじ付き)【1月〜3月版】 | 海外ドラマboard

他のドラマの視聴率ランキングはこちら

作品情報

『トップナイフ〜天才脳外科医の条件〜』

日本テレビ/毎週土曜夜10時
出演:天海祐希、椎名桔平、永山絢斗、広瀬アリス、三浦友和

公式ホームページはこちら

トップナイフ−天才脳外科医の条件−|日本テレビ

海外ドラマboard

「天才」をもっと詳しく

「天才」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ