MAMAMOO ソラ、実はデビュー前に客室乗務員を目指していた! なぜその後、歌手を目指すことになったのか?彼女がどうしても自信が持てなかったこととは・・?

1月25日(土)12時0分 KPOP monster

人気ガールズグループMAMAMOOのメンバーソラが、デビュー前、客室乗務員になることを目指していたことを告白した。

ソラは、1月17日、KBS2TVの音楽番組「ユ・ヒ夜のスケッチブック」に出演。番組の中でソラは、歌手デビューする前のエピソードについて語った。

ソラはデビュー前、音楽業界の人からスカウトされたことがあったという。

偶然、街で歌ったことがありました。その時、音楽関係の方がキャスティングを提案してくれたんです」「でも当時、客室乗務員を目指していたので断りました

音楽業界への誘いを断ったソラだったが、この時スカウトされた体験は、強烈に彼女の頭に焼き付いて離れなかったようだ。

就活をしたけど、ずっと歌手の仕事が忘れませんでした。それで結局、進路を変えて所属事務所のオーディションを50回以上応募したけど、ほとんど落ちました」と、今度は一転して歌手志望に方向転換。しかし、オーディションに落ちまくるという波乱万丈な道のりだったようだ。

とにかくオーディションを受けまくっていたソラだが、唯一、応募しなかった芸能事務所があった。それは、最大手の一つ、SMエンターテイメントだ。その理由についてソラは、「SMエンターテイメントはビジュアルで除外しました。落ちると予想して傷つきたくありませんでした」と、自分のビジュアルに自信が持てていなかった当時の心境を述べた。

しかしその後、ソラはMAMAMOO のリーダー、メインボーカルとして、みごとデビューを果たす。そしてMAMAMOOは今や、韓国を代表する大人気ガールズグループになった。

ソラはさらにソロ歌手としても活躍中。今月16日には歌手Kassyとコラボした曲「この歌はかなり古いものだよ」を発表した。

ソラ×Kassy 「この歌はかなり古いものだよ」

ソラは、アーティストとしての活動以外にも、「solarsido」というアカウント名でYouTubeチャンネルを開設。現在チャンネル登録者数は167万人と驚異的な数字を記録している。

ソラYouTubeチャンネル「solarsido」

アーティストとして、そしてYouTuberとしても今、全盛期を迎えているソラが今後どんな新たな進路を見せてくれるのか、目が離せない。

KPOP monster

「デビュー」をもっと詳しく

「デビュー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ