ビリー・アイリッシュ、自殺を考えたことを告白 突然の名声により鬱に

1月25日(土)20時24分 モデルプレス

ビリー・アイリッシュ (Photo by Getty Images)

写真を拡大

【モデルプレス=2020/01/25】米歌手のビリー・アイリッシュが23日(現地時間)、出演した米CBSの番組「ゲイル・キング・グラミー・スペシャル」にて、突然の名声により鬱に陥り、自殺を考えたことを告白した。

◆ビリー・アイリッシュ、名声により深刻な鬱に

ビリーは「bad guy」収録のデビューアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』の爆発的なヒットによって、瞬く間に世界のスターダムにのし上がった。日本時間27日(現地時間26日)に行われる「第62回グラミー賞」授賞式では、史上最年少で主要4部門全てにノミネートされている。

2019年に行われたインタビュー内でビリーは「私は去年(2018年)、本当に幸せじゃなかった。楽しくなかった」「再び幸せになれるとは思えなかった」と振り返った。

名声によって友人も失い、深く落ち込んだというビリー。「正直17歳までいけないと思っていた」とも語り、当時のベルリンでのツアー中を振り返り「ホテルの部屋に1人でいて、すぐそこに窓があって、泣いていたの。なぜなら死ぬことを考えていたから」と自殺を考えたことを告白した。

またビリーの楽曲「ベリー・ア・フレンド」の“I wanna end me(自分を終わりにしたい)”という歌詞について、ビリー自身のことだったのかを聞かれると、「そう」と答えた。

なぜ自殺せずに済んだかを聞かれると、母親のおかげだと答えたビリー。ビリーの母親は彼女のスケジュール断ったりセラピーに通わせ、最悪な状況を逃れられたという。

ビリーはこれまでにも自身が闘っている鬱についてまだ万全ではないことを明かしているが、同じような問題を抱える人々の救いになりたいと多くの言葉を残している。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】

モデルプレス

「自殺」をもっと詳しく

「自殺」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ