有村架純“月9”メンバーで女子会したい、2016年の目標は「放」。

1月25日(月)16時21分 ナリナリドットコム

女優の有村架純(22歳)が1月25日、CMに出演している「亀田の柿の種」の発売50周年記念記者発表会に登壇した。

「亀田の柿の種」のCMに3年続けて出演している有村は、新CMでは様々な場所で自撮りをしながら撮影。「私が柿の種になった気分で、みんなと一緒に写真を撮って楽しい時間を過ごせました」と感想を語り、新CMの出来栄えに満足げな様子だった。

また、50周年を記念して柿の種とピーナッツが2つ並ぶと「1010」ということで、10月10日が「亀田の柿の種の日」として制定され、全国各地へ亀田の柿の種の美味しさを伝えるために制作されたキャンペーンカー「亀田の柿の種号」と商品イメージキャラクター「たねっち&ぴーなっち」が共に記者発表会に登場。

「亀田の柿の種号」を間近に見た有村は「これが街中を走っていると簡単に目がいきますね。インパクトがすごいと思います。すぐに亀田の柿の種って分かりますね」と驚きの表情を見せていた。

また、車の話にちなみ、有村が昨年、車の免許を取得したことについて聞かれると、「まだそんなにドライブには行けてなくて、ペーパードライバーにならないように気を付けたいんですけど、親友と沖縄に行った時に、ちょっとだけ運転しました」と、まだまだ運転には慣れていないようだ。

さらに有村は、2016年の目標を聞かれると、柿の種を使って一文字で「放」を発表。有村は「2015年は学びの年だったので、2016年はその学んだことを放出したい!」と笑顔で語った。

そして記者発表会の最後に、有村は会場の出席者に向けて「亀田の柿の種が50周年を迎えて、こうして3年間(CMに)出演させていただいて、またこういった節目に立ち会うことができて、とても嬉しく思います。実家でも愛着のある柿の種だったので、家族もすごく喜んでくれていますし、これからも幅広い世代にたくさん食べていただけるように、私も精一杯頑張っていきたいと思います。今後も亀田の柿の種をよろしくお願いします」と語り、記者発表会を締めくくった。

発表会終了後の代表質問では、MCから「亀田の柿の種を食べながら芸能界の友人と女子会をするなら誰を呼びたい?」と質問されると、有村は「今やっている月9ドラマで共演しているんですけど、私生活でも仲の良い高畑充希ちゃんとか、森川葵ちゃんとみんなで柿の種を食べたいですね。一緒にたこ焼きをしたいねって話をしていたので、その時に柿の種も持って行って食べたいなと思います」と笑顔でコメント。

また、「発売50周年ということで、自身が50歳になった時、どんな味のある女優になりたいですか?」と聞かれると、「食べて味が濃すぎるものは喉に通らないので、また見たいなと思ってもらえるような人になりたいですね」と、将来に向けて目を輝かせていた。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

有村架純をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ