小田和正43年の代表曲ベスト盤、「あの日あの時」引っ提げ全国ツアーへ。

1月25日(月)13時38分 ナリナリドットコム

小田和正にとって初のオールタイムベストアルバム「あの日あの時」が、4月20日に発売されることが決定した。

小田は過去にオリジナル・アルバム9枚、シングル29枚、ベスト・アルバム4枚、セルフカヴァー・アルバム2枚を発売しており、43年のキャリアで生み出された代表曲を揃えようとすると、複数枚購入する必要がある。そうした現状を受け、代表曲をまとめたオールタイムベストアルバムという形で登場するのが、「あの日あの時」だ。

「あの日あの時」は、3枚組3,611円(税別)。収録曲は「僕の贈りもの」「さよなら」「言葉にできない」「ラブ・ストーリーは突然に」「キラキラ」「たしかなこと」「今日も どこかで」ほか多数収録に加えて、現在、スバルの企業CMのために書き下ろした新曲「タイトル未定」と、2016年全国東宝系にてロードショー公開の映画「64-ロクヨン*前編/後編」主題歌「風は止んだ」が収録される。

ちなみに、「さよなら」「言葉にできない」「ラブ・ストーリーは突然に」「たしかなこと」「今日もどこかで」が1つのアルバムに収録されるのは、今回が初めて。アルバムの全収録曲などの詳細は、追って公開される予定だ。

また、そんなアルバム「あの日あの時」を持っての全国ツアー「明治安田生命Presents 『KAZUMASA ODA TOUR 2016 君住む街へ』」の実施も発表となった。前回ツアー最終日には、「昔好きだったような曲を書いて、また歌えるように頑張りたいと思います。みなさんもお体に気をつけて元気にまたその姿を見せて下さい」と、次回のツアーをファンと約束していた小田。その約束通り、最新曲が収録されたベスト・アルバムを持って日本全国への旅に出る。

今回のツアーは、4月30日(土)の静岡エコパアリーナを皮切りに、最終日の沖縄まで、全国24会場48公演、約34万人を動員する予定だ。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

小田和正をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ