ジェームズ・キャメロンがターミネーター復帰か

1月25日(水)9時26分 ナリナリドットコム

ジェームズ・キャメロンが、「ターミネーター」シリーズに復帰する可能性が出てきた。ゲイル・アン・ハードとともに1984年の第1弾を作り上げたキャメロンは引き続きシリーズ第2弾のメガホンをとったものの、その後、2003年作「ターミネーター3」、2009年作「ターミネーター4」、2015年作「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」の製作には関わっていなかった。

ところが、2019年には同シリーズの版権の一部がシリーズの生みの親キャメロンに返還されるとみられており、すでにキャメロンは「ターミネーター」の新たな作品の監督にと「デッドプール」のメガホンをとったティム・ミラーと話し合いを行ったと報じられている。

デッドラインによると、新作では「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」のデヴィッド・エリソンが再び資金提供を行い、SF映画界で名を馳せる脚本家たちが脚本を手がけることになるという。

キャメロンは現在「アバター」の続編製作に忙しくしており、その一方でロバート・ロドリゲス監督作「アリタ:バトル・エンジェル」などへの相談、指導役も務めているところだ。

そんなキャメロンは以前、「ターミネーター: 新起動/ジェニシス」に関してはシリーズ全体に「活力を与える」作品だと賞賛していたものの、「ターミネーター3」「ターミネーター4」に関しては否定的な態度を見せていた。

キャメロンが関わった第1弾や第2弾と比べると、他の作品は興行成績があまり振るわない結果となっている。

ナリナリドットコム

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ターミネーターをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ