BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

来てるぜ、バンドブーム! 2016年、さらなる活躍に期待する注目バンド5選

OKMusic1月25日(月)18時0分
画像:go!go!vanillas「カウンターアクション」のジャケット写真 (OKMusic)
写真を拡大
go!go!vanillas「カウンターアクション」のジャケット写真 (OKMusic)
2016年も明けてひと月になりますが、来てると思うんですよね、バンドブーム。ライヴハウスレベルではすでに役者が揃ってて、あとは世に出るタイミングを待つだけ。時代をリードするようなカリスマバンドの登場も必要だと思うけど、愛と情熱と影響力のあるメディアが現在のシーンを包括して世に伝えることができたら、世間を巻き込むムーブメントが作れると思うんですよね。つうことで、今年さらなる活躍が期待できる5バンドを紹介。他にも注目のバンドはたくさんいますが、中でも旬の5組をチョイス!

1.「B!tch」(’14)/夜の本気ダンス

08年、京都にて結成された4人組ダンスロックバンド。フェスブームでダンスロックが主流となっている若手バンドの中で、「ロックンロールはダンスミュージックだ!」と、ルーツを基調とした信念を持つ音楽性で、“ちゃんとやかましい”サウンドを鳴らしてる彼らの楽曲は初めて聴く人にも強烈なインパクトを与え、心地良く体を揺らしてくれる。3月にはメジャー1stアルバムとなる『DANCEABLE』リリース。やかましくて踊れる一枚です!

2.「カウンターアクション」(’15)/go!go!vanillas

14年メジャーデビュー、4人組ロックンロールバンド。昨年9月、脱退したギタリストがチェンジ。2月には2ndアルバム『Kameleon Lights』のリリースを控えた彼らだが、現在の彼らがすこぶる良い。メンバーチェンジ後、初の音源となり、ロックバンドとしてひとつ腹を括った感のある「カウンターアクション」。少なからず地獄の淵をちらりと覗き見て、“それでも僕らはそう生きていく”と覚悟を歌う彼らのたくましさに震えろ!

3.「この高鳴りをなんと呼ぶ」(’13)/忘れらんねえよ

08年結成。ヴォーカル&ギターの柴田隆浩の愛すべきキャラもあって、童貞偽装だ、ドミノに挑戦だと色物扱いされることの多い彼ら。しかし、決して器用じゃない男が本気で戦う姿や、飾りのないメッセージにはいつも心震わされるし、感銘させられている。こちらも昨年11月にドラムが脱退して、2人体制での再スタートを切ったばかりだが。2月発売のベスト盤『忘れらんねえよのこれまでと、これから。』収録の新曲たちは、これまで以上にエネルギッシュ。“忘れらんねえよのこれから。”に期待!

4.「人間ロック」(’16)/ドラマチックアラスカ

10年結成。神戸出身のギターロックバンド。楽曲の良さやライヴアクトに定評の高いこのバンドだが、これまでの彼らのイメージとも異なる、突き抜けた感のある新曲を聴いてブッ飛んだ。ドラマ『よろず屋ジョニー』主題歌で、台本から触発されて歌詞書いたらしいのだが、本音と衝動が爆発するエネルギッシュな歌やサウンドに大興奮! 人間味が滲み出たロックにしか興味ない僕には、まさにど真ん中。聴き手に一発で伝わるこういう曲こそ、バンドの代表曲になったりするのでは?とすら思った。

5.「はじまり」(‘16)/BLUE ENCOUNT

04年結成、4人組ロックバンド。年明けにZepp TOKYOでの2デイズ公演をソールドアウトさせ、1月22日には『ミュージックステーション』に初登場。そして、10月には初の日本武道館公演も決まり、今、破竹の勢いを見せているブルエン。選手に寄り添うため、自身の辛い過去と向き合って楽曲制作をしたという、『全国高校サッカー選手権』の応援歌でもあるこの曲。熱いメッセージを限りなく近いところから鳴らしてくれる僕らのリアルヒーローが、全国を席巻する日は近い!
OKMusic

はてなブックマークに保存

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「バンド」をもっと詳しく

注目ニュース
鈴木砂羽“土下座強要”騒動の影響が…観客語る舞台での異変 女性自身9月20日(水)6時0分
「人道的に彼女の人格や尊厳をメチャクチャにするような、そういった罵声を浴びせた事実はございません」9月13日、演出・主演舞台『結婚の条件』…[ 記事全文 ]
二宮和也が長澤まさみとの共演で露骨に拒絶! ファンすら「ヤバすぎない?」「子供っぽい」と指摘する不自然な態度 messy9月19日(火)23時0分
9月14日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)に、映画『散歩する侵略者』のPRとして主演の長澤まさみ(30)が登場し、過去に交際報道のあった二…[ 記事全文 ]
ふなっしー、地元回帰で駅のアナウンスを担当するも冷ややかな船橋市民 週刊女性PRIME9月20日(水)4時0分
青果店には梨が並ぶ季節になったけど、あの“梨の妖精”を近ごろ見かけない……。「“梨汁ブシャー!”のふなっしーですね。千葉県船橋市の非公認キ…[ 記事全文 ]
B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」 J-CASTニュース9月19日(火)15時53分
B'zがデビューしたのは、まだ年号が「昭和」だった1988年だ。それから約30年、当時23歳だったボーカル・稲葉浩志さんも、すでに52歳で…[ 記事全文 ]
市川海老蔵と小林麻耶で噂される再婚は大河ドラマにも出てくる風習だった!? アサ芸プラス9月19日(火)5時59分
6月に妻の小林麻央さんを乳がんで失った市川海老蔵を巡って、麻央さんの実姉であるフリーアナの小林麻耶との再婚が取りざたされている。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 ふなっしー、地元回帰で駅のアナウンスを担当するも冷ややかな船橋市民週刊女性PRIME9月20日(水)4時0分
2 二宮和也が長澤まさみとの共演で露骨に拒絶! ファンすら「ヤバすぎない?」「子供っぽい」と指摘する不自然な態度messy9月19日(火)23時0分
3 鈴木砂羽“土下座強要”騒動の影響が…観客語る舞台での異変女性自身9月20日(水)6時0分
4 B'z稲葉(52)、テレビでの「豹変」に驚き トーク中「老けた?」→歌「マイナス15歳...」J-CASTニュース9月19日(火)15時53分
5 稲垣、草なぎ、香取がSNS開設を前向きに検討日刊スポーツ9月20日(水)5時0分
6 市川海老蔵と小林麻耶で噂される再婚は大河ドラマにも出てくる風習だった!?アサ芸プラス9月19日(火)5時59分
7 市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係まいじつ9月12日(火)10時30分
8 山下達郎、ライブ中の「客の合唱」は迷惑 「あなたの歌を聴きに来ているのではない」J-CASTニュース9月19日(火)15時7分
9 山下智久、頻繁にエゴサーチしていた「気になってしょうがない」モデルプレス9月19日(火)19時23分
10 香川照之「当時、私の息子が数字に興味を…」 「半沢直樹」の名ぜりふはアドリブだったエンタメOVO9月19日(火)14時25分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア