ミス日本コンテスト2020・ミス日本「みどりの女神」 に歌声が武器の19歳井戸川 百花さん

1月25日(土)9時2分 オリコン

ミス日本「みどりの女神」に選ばれた東京都出身の19歳、井戸川 百花さん(C)Deview

写真を拡大

 50年以上にわたって様々な分野で活躍する女性を輩出してきた、日本最高峰の美のコンテスト『第52回ミス日本コンテスト2020』の最終審査が20日、都内で開催された。ミス日本「みどりの女神」には、東京都出身の19歳、中央大学 経済学部経済学科2年・井戸川 百花(いどがわ・ももか)さんが選ばれた。

 「高校では軽音楽部でボーカルとギターに熱中し、今大学ではアカペラサークルで仲間とのハーモニーを楽しんでいます」という井戸川さんは、最終審査でも歌声を披露。「音楽は常に私と共にあり、多くの感動を与えてくれます。そして自分
を表現する楽しさを学びました」とアピール。

 そして「今度は夢であるアナウンサーとして自分の言葉で表現したい、そう思うようになりました。ミス日本を通して外見・内面・行動の美を磨き、なお成長し続け、奥深い美しさと安心感を与えられる存在になります」と意気込みを語った。

 「未来に繋がる豊かなみどりを守り育ててきた取り組みや、生活に根ざした日本の木の文化を尊び、みどりや木とのふれあいや活躍を通じて、みどりと木への親しみを広める役割を担う」ミス日本「みどりの女神」。

 環境目線を大切にする姿勢から、ツナギやヘルメットを着用し、地方創生や観光活性とされる林業や、木を用いた取り組みのPR活動を行う。皇室行事の全国植樹祭や全国育樹祭、みどりの募金活動などの出演を予定。農林水産大臣任命の「みどりの広報大使」や、地球生き物応援団グリーンウェイブ大使、CLT広報大使など各種大使にも就任する。
 
 ミス日本2020では応募者2525人の中から選ばれた17歳から22歳までのファイナリスト13人が最終審査に進出。振り袖・ドレス・水着・質疑応答、自己PRなどが行われた。「海の日」の森谷美雲さんのほか、「グランプリ」に小田安珠さん(21歳)、「水の天使」に中村真優さん(21歳)、「ミススポーツ」に田中絵梨果さん(22歳)、「みどりの女神」に井戸川百花さん(19歳)、「ミス着物」に青木胡杜音さん(19歳)が選出された。

■2020ミス日本みどりの女神 井戸川 百花(いどがわ・ももか)
19歳。東京都出身 中央大学 経済学部経済学科2年
特技:歌唱/弾き語り(アコースティックギター)/料理/ファッションコーディネート
趣味:ランニング/茶道(裏千家)

オリコン

「ミス日本」をもっと詳しく

「ミス日本」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ