〈芸能プロダクション2020年イチ押し新人〉ヒラタオフィス・伊藤友希「コメディ作品に関わりたい」

1月25日(土)19時18分 オリコン

伊藤友希

写真を拡大

 雑誌の創刊から今年37周年を迎えるオーディションメディアのパイオニア『デビュー』は、毎冬恒例の大型オーディション企画『冬の特別オーディション2020』を開催中。同企画では芸能プロダクション123社の新人募集情報を一挙掲載しているが、2020年の始まりに合わせて、各社が今年プッシュしていく『イチ押し新人』をチェック。本人および担当マネージャー・スタッフの取材とともにクローズアップする。今回はヒラタオフィス所属・伊藤友希を紹介。

■ヒラタオフィス所属:伊藤友希

——デビューのきっかけは?

「美少女図鑑アワードというオーディションでグランプリを頂くことができ、そのオーディション関係者の方が今の事務所に紹介してくださったおかげで、デビューすることができました」

——芸能界に憧れたきっかけは?

「自分の中身が空だと気づき、自信がない時に、自分とは違う人物になれる女優というお仕事に憧れを持ちました」

——芸能のお仕事の魅力や楽しさ、大変だと思うことは?

「楽しいなと感じるのはお芝居です。まだ始めたばかりでお芝居について話すのは厚かましい気もしますが、演じていてストップがかかった瞬間、お芝居している記憶がないときほど楽しいと感じることが多いです。あとはたくさんの方とお会いできる機会があることです。少しお話ししただけでも自分が思いつかない考えを知ったり、自分が悩んで解答が出ないこともポッと納得いくことがよくあります。すごく勉強になるし面白いし、楽しいです。大変だなと思うのは、台本を覚えることです。まださほど長いものは経験がないのですが、暗記が苦手なので家ではとにかく暗記をしています」

——今後の夢、目標を教えてください。

「どんな雰囲気の人物でもハマるようなお芝居ができるようになりたいです。今は特にコメディ作品に関わりたいと思っています。自分が好きなのもありますし、落ち込んでいても観たら面白いなと笑って明るくなれたので! ドラマだったらこれを観るために1週間頑張ろうと生きてきました! また、お芝居だけでなくスチールなどの撮影も大好きです! なので、色んなお仕事に関わっていける人になりたいです」

◆担当マネージャー・スタッフからのイチ押しポイント◆

「目を惹く透明感と、新しいことにも積極的に取り組む好奇心旺盛なところが魅力です」

●伊藤友希(いとう・ゆき)
2001年3月26日生まれ、愛知県出身。
第一回目となる「美少女図鑑アワード2019」にてグランプリ他、CMNOW賞、ヤングジャンプ賞、SPOTTED PRODUCTION賞を受賞。

◆ヒラタオフィス『冬の特別オーディション』で新人を募集中。
 デビューが、新人発掘に積極的な123社の芸能プロダクションをセレクト。審査・合格後の際の費用は一切不要。さらにこの募集を通じて合格・所属となった場合は、デビューが活動を応援していく。『冬の特別オーディション2020』はオーディション情報サイト「デビュー/Deview」でエントリー受付中。

オリコン

「伊藤友希」をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ