〈芸能プロダクション2020年イチ押し新人〉初オーディションで池田エライザ監督作品に抜擢、エヴァーグリーン・エンタテイメント・石内呂依

1月25日(土)19時40分 オリコン

エヴァーグリーン・エンタテイメント所属:石内呂依

写真を拡大

 雑誌の創刊から今年37周年を迎えるオーディションメディアのパイオニア『デビュー』は、毎冬恒例の大型オーディション企画『冬の特別オーディション2020』を開催中。同企画では芸能プロダクション123社の新人募集情報を一挙掲載しているが、2020年の始まりに合わせて、各社が今年プッシュしていく『イチ押し新人』をチェック。本人および担当マネージャー・スタッフの取材とともにクローズアップする。今回はエヴァーグリーン・エンタテイメント所属・石内呂依(いちうち・ろい)を紹介。

■エヴァーグリーン・エンタテイメント所属:石内呂依

——デビューのきっかけは?

「大学生だったころ、池田エライザ初監督作品『The New Era Audition 2019』 が行われることを知り、オーディションを受けて抜擢されデビューするかたちになりました」

——芸能界に憧れたきっかけは?

「学生時代に学園祭のステージ上でスポットライトを浴びながらお芝居をしたときに、楽しさと新鮮な高揚感がありました。それからもっと自分のことをたくさんの方に知ってもらいたいと思い、芸能界に憧れを持ちました」

——芸能のお仕事の魅力や楽しさ、大変だと思うことは?

「この仕事の魅力は、偉大な先輩方のお芝居を実際に観られる機会が増え、自分のスキルや課題点などが分かること。それから今、自分自身がお芝居をする上でなにを考えるべきかを何度も感じられることです。大変だなと思うことは、観客からみる自分をイメージしてお芝居をすることです」

——今後の夢、目標を教えてください。

「お芝居をする上で自分の中に生まれる感情を細かく表現して、観客に愛着をもってもらえるような俳優になることです。自分の体格をいかせる作品に携わりたいです」

◆担当マネージャー・スタッフからのイチ押しポイント◆

「昨年はじめて受けた俳優のオーディションにもかかわらず、演技力、表現力、ルックスすべてにおいて群をぬいていました。この作品だけではなく次の作品も決まっており、令和を代表する若手俳優に成長するであろう存在です」

●石内呂依(いしうち・ろい)
2000年9月9日、福岡県出身。2020年公開予定映画『夏、至るころ』出演

◆エヴァーグリーン・エンタテイメント『冬の特別オーディション』で新人を募集中。
 デビューが、新人発掘に積極的な123社の芸能プロダクションをセレクト。審査・合格後の際の費用は一切不要。さらにこの募集を通じて合格・所属となった場合は、デビューが活動を応援していく。『冬の特別オーディション2020』はオーディション情報サイト「デビュー/Deview」でエントリー受付中。

オリコン

「オーディション」をもっと詳しく

「オーディション」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ