桜井日奈子が太腿露わでセクシー全開、蘭に正体がバレかかる『コナン』にツッコミ! 今週の「マガジン」&「サンデー」

1月25日(水)16時0分 おたぽる

左:「週刊少年マガジン8号」、右:「週刊少年サンデー9号」、各公式サイトより。

写真を拡大

 1月25日に発売された「週刊少年マガジン8号」(講談社、以下「マガジン」)と「週刊少年サンデー9号」(小学館、以下「サンデー」)。両誌の見どころをざっくり紹介していこう。

 まず「マガジン」で注目ポイントはなんといっても“岡山の奇跡”こと桜井日奈子の表紙〜巻頭グラビア。同誌のグラビアには4回目の登場となる桜井だが、今回は東京のさまざまな場所でキュートな姿を披露している。街角の路上でのカットでは、淡い緑をベースにしたピンクの花柄の半袖ワンピースを纏い、ポニーテールを揺らしてジャンプしたり、植物にキスするようなポーズをとったりと元気いっぱい。これには「ぐわぁぁ、犯罪級に可愛いぃぃ!」「はしゃいでる日奈子たん想像以上にやべぇ」と絶賛の声が続出。

 また古本屋パートでは、ベレー帽に丸眼鏡、プリーツスカートという知的&清楚な格好でメガネをずらしてこちらを見つめる大人っぽい表情を披露。本を抱きしめてこちらを見つめるカットには「本に生まれ変わりたいと思ったのは人生で初めてだ」といった声も。そして中でも反響が大きかったのはカフェでのカット。白いミニのニットワンピースに膝までのブーツという無敵のいでたちで多様なポーズをとっているのだが、どうしてもその瑞々しい太腿の絶対領域に目が行ってしまう。中にはブーツを脱ぎ、ソファーの上に露わになった白い足をのせている色っぽいポーズのものもあり、「あぁぁぁあ! エロっぽい日奈子ちゃんたまらん(悶絶)」「骨折してもいいから全力でこのソファに飛び込みたい」と称賛の声が相次いだ。

 そして「サンデー」。今号の『名探偵コナン』(作:青山剛昌)では、コナンが蘭の母親である英理を誘拐犯から助け出そうとする姿が描かれた。犯人グループのアジトに隠れている英理と携帯でやりとりをしている際には、蘭の目の前で堂々と推理。蘭も「まるで新一みたい…」「そういえば前にも何度かこんな事…」と心でつぶやいており、「こんな難しいこと言いだす小学生違和感ありありだわな」「バレかかってるワロタwww」「コナン脇が甘すぎ」とツッコミの声が飛んだ。少しの自覚もなく人前で、しかも蘭の前で推理してしまっているコナン。堂々と大前提を覆しつつあるような気もするのだが、果たして今後どうエピソードを展開させていくのだろうか。

おたぽる

この記事が気に入ったらいいね!しよう

サンデーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ