BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

嫁に少し意見しただけで息子が「嫁いびり」で姑嘆く

NEWSポストセブン1月25日(月)7時0分

 ひと昔前までは「嫁姑の確執」などという言葉をよく耳にした。そうした関係は今どうなっているのか? 神奈川県の主婦(65才)がやりきれない思いを語る。


「結婚以来、ずっと夫の両親と同居していました。結婚当初は、お米の炊き方から扉の開け閉めまで指導され、『うちの嫁になったんだからうちのやり方で』と姑に言われ、きつく当たられました。家のために働け、跡継ぎになる男の子を産めなど、とにかくいろいろと言われ続けました」


 葬式でもなければ実家へ帰ることもできなかった時代。それでも、嫁とはそういうものと思って務め上げ、数年前に義両親を看取った。結婚したふたりの息子夫婦とは良好な関係を築きたいと思い、嫁にはやさしく接している。


「それがよかったのか悪かったのか、お嫁さんは自分の実家ばかり大事にして、孫もあっちの家にだけ連れて行きます。“こっちにもたまには顔を出してほしいな”とちょっと言っただけで、息子から“嫁いびりはやめてくれよ”ですって。こんなことなら息子じゃなくて娘を産めばよかった」(同前)


 夫の両親との同居が当たり前の時代は終わり、お盆やお正月といった行事そのものが簡略化され、実家に里帰りする人も減った。嫁が姑と顔を合わせる機会も少なくなっている。


 漫画『もんぺ町 ヨメトメうぉ〜ず』著者の倉田真由美さんは、結婚7年目の嫁。姑と最近会ったのはもうずいぶん前だ。


「お嫁さんにとっては良い時代ですよね(笑い)。うちも姑との関係が悪いわけじゃないけど、近くに住んでいるのにこの前会ったのは3〜4年前。場所はファミレスです。


 昔は、“長男とは結婚しないほうがいい”、“次男は楽”、みたいな考え方もあったけど今はそんなことも関係なくなっていますよね。私の周りを見ても姑と同居している人はほとんどいません。逆にお嫁さんが自分の両親と同居しているケースが多いです」


 前出の主婦や倉田さんが言うように、今の時代、嫁が大事にするのは「夫の実家」ではなく「自分の実家」。安倍政権が推進する3世代同居も、検討している人の多くは、嫁が“自分の両親と同居したい”というものだ。


 介護問題でも同じことがいえる。両親の介護は嫁の仕事という時代は今や昔。息子であれ娘であれ“実の子供が責任を持つ”というスタイルに変化してきている。


※女性セブン2016年2月4日号

NEWSポストセブン

はてなブックマークに保存

NEWSポストセブン

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「結婚」をもっと詳しく

注目ニュース
後藤久美子の娘・エレナさんが日本デビュー&メディア初登場 10・1オスカー所属へ オリコン9月26日(火)4時0分
元F1レーサーのジャン・アレジ氏(53)と女優・後藤久美子(43)の長女・エレナアレジ後藤さん(20)が、10月1日より母・久美子をはじめ…[ 記事全文 ]
マツコ、夢かなって力士姿に大変身 有吉「本物だよ!」と絶賛 オリコン9月26日(火)9時14分
タレントのマツコ・デラックスが、かねてから熱望していた“大銀杏を結う”という夢を実現させた。[ 記事全文 ]
TOKIOの2人、バク転成功 「40代で出来んのは素直に尊敬」 J-CASTニュース9月25日(月)19時44分
かつて「ジャニーズ」といえば、「バク転」のイメージが強くあった。少年隊や光GENJI、V6などメンバー全員ができるグループある一方、最近で…[ 記事全文 ]
沙也加の夫 村田充が活動休止を発表「休養と次なる夢への準備」 スポーツニッポン9月26日(火)7時38分
5月に女優の神田沙也加(30)と結婚した俳優の村田充(40)が、27日から主演する舞台「囚人」の終了後に活動を休止すると発表した。[ 記事全文 ]
小泉今日子の10月ドラマ予告動画が「あの爆死ドラマに激似」の不穏! アサ芸プラス9月25日(月)9時59分
10月17日スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)。主演は小泉今日子で脚本は宮藤官九郎。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア