有村架純、女子会は「高畑充希ちゃんとたこ焼き」

1月25日(月)13時40分 Techinsight

今年の一文字は「放」有村架純

写真を拡大


ドラマ・映画・CMで活躍する人気女優・有村架純(22)が25日、都内で開催された記者発表会に出席した。ネイビーのノースリーブのワンピースにヒールを履いて登場し、スレンダーボディと優しい笑顔で魅了した。

有村架純が登壇したのは自身が3年前からイメージキャラクターを務める、『亀田の柿の種』発売50周年記念 記者発表会。そこで有村は、今年の一文字を「放」と発表。柿の種でかたどった文字を見ながら「昨年は学びの一年だと思っていて、学んだことを今年は放出させたい」と抱負を語った。

また柿の種が発売50周年ということに絡めて「有村さんが50歳になったとき、どんな味のある女優さんになりたいですか」と聞かれると、「やっぱり食べて味が濃すぎるとなかなか喉を通らないと思うので、また見たいなあ、また会いたいなあと思ってもらえるような人になりたいです」と将来に思いを馳せた。


「芸能界の誰と女子会をしたい?」という問いには、「高畑充希ちゃん。私生活でも仲が良いので」と、真っ先に高畑充希の名を挙げた。高畑とは現在放送中の有村が主役を務める月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ)でも共演しており、以前に高畑のSNSで披露したプライベート写真で2人が「双子みたいにそっくり」だと話題になったことがある。そして「あとは同じ現場にいる(森川)葵ちゃんとか。“たこ焼きをしたいね”って話をしていたので、そこに柿の種を持っていって食べたい」と現場のチームワークも良さそうだ。


発表会では、ドアミラーがピーナッツの形になっているなどまさに柿の種をイメージしたキャンペーンカー『亀田の柿の種号』がお披露目されたが、有村は昨年運転免許を取得したばかり。「親友と沖縄に行ったときにちょっとだけ運転しました。ペーパードライバーにならないように気をつけたいです」とまだ運転歴は浅い。キャンペーンカーの運転を勧められて「これが街中を走っていると目が行きますね。インパクトがすごいです。街で走ってると、私だなとすぐに分かるかなと思います」と笑っていた。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

Techinsight

この記事が気に入ったらいいね!しよう

有村架純をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ