ナイツ、東出昌大をCM起用した自動車メーカーに同情 その前はチュートリアル徳井が出演

1月25日(土)20時10分 Techinsight

東出昌大、イメージダウンでCMにも多大な影響

写真を拡大

お笑いコンビ・ナイツが25日のラジオ番組で、22日に離婚危機が報じられた東出昌大と唐田えりかの不倫スキャンダルについて言及した。そのなかで、東出が出演していたあるCMが不幸続きなことに同情するコメントをしている。

25日放送の『土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送』(TBSラジオ)内では、唐田えりかがドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)の出演を自粛したことが話題になった。一方で東出昌大は桐谷健太とW主演を務める『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)は続行されるが、CMのほうに多大な影響が出ているという。

「G・U・Mデンタルブラシ」のサンスターは23日、東出が出演するCM動画をホームページから削除し、テレビCMは「対応を検討中で、今後については未定です」と説明している。また関西を中心に事業を展開する不動産会社「フジ住宅」は、23日にポスターや旗看板など街頭広告物を撤去、ホームページからCM動画を削除した。

ナイツの塙宣之が「ホンダも大変ですよね、フリードね」と話したところ、土屋伸之は「徳井さんも、東出さんも」と付け加えた。HONDA「FREED(フリード)」のテレビCMは2016年からチュートリアル・徳井義実を起用していたが、7年間で約1億2000万円の申告漏れを東京国税局に指摘され、昨年10月下旬から芸能活動を自粛している。急きょ入れ替わる形で起用されたのが東出だったが、「家族のおでかけが増えそうです」というキャッチコピーのファミリーカーを不倫騒動の渦中にある人物がこのままCMに出演し続けるのは難しそうだ。

フジ住宅のCMも「家族を大切に穏やかに暮らす、そんな夢があっても良いよね」と、妻子を見つめながら東出がつぶやく内容であった。“家族愛溢れる素敵なパパ”というイメージで東出昌大を起用した企業が、大きな損害を被ったのが確かである。HONDAのフリードに至っては、次のCMに起用する人選をより慎重にならざるを得ないだろう。

Techinsight

「ナイツ」をもっと詳しく

「ナイツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ