西野七瀬、劇団☆新感線で初舞台 「本番までになじんで楽しんでいけたら」

1月25日(月)18時31分 エンタメOVO

舞台初出演の西野七瀬(撮影:田中亜紀)

写真を拡大

 2021年劇団☆新感線41周年春興行「Yellow/新感線『月影花之丞大逆転』」制作発表が25日、東京都内で行われ、出演者の古田新太阿部サダヲ、浜中文一、西野七瀬、木野花ほかが登壇した。

 Yellow/新感線は、コロナ禍でも劇団☆新感線の公演を楽しみにしている観客に向けて、元気になる作品を作るべくスタートした企画。今回は、2003年上演の「花の紅天狗」のスピンオフ作品を上演する。

 主演の古田は、1月中旬からスタートしたという稽古の様子を聞かれ、「混沌(こんとん)とした稽古場です。実は、稽古場を見せるのが一番面白いんじゃないかと思うんですが、出来上がったものがどうなるかはお楽しみってことで」と語って笑わせた。

 劇団☆新感線に初参加となる浜中は「僕個人としては、古田さんと阿部さんはドラマの『木更津キャッツアイ』での役の印象が残っています。そのお二人と舞台をご一緒させてもらえるのは本当にうれしい」とコメント。

 浜中が以前出演した舞台で、金持ちの変態という役どころを演じたことから、古田に「こんなにきれいな顔をしているけど、多分、変態だと思います」といじられると、「変態じゃないです。仕事でやっていたんです、僕は」と反論して会場を盛り上げた。

 舞台初出演となる西野は「稽古初日は緊張し過ぎて、誰の目も見られなかったんですが、ようやく慣れてきたかもと思えるようになったので、本番までにさらになじんで、楽しんでいけたらいいなと思います」と意気込みを語った。

 舞台は、2月26日〜4月4日まで都内・東京建物Brillia HALLほか、大阪で上演。

エンタメOVO

「劇団」をもっと詳しく

「劇団」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ