マツコの「全面禁煙しない店は悪なの?」発言が賛否を巻き起こす

1月26日(金)10時15分 アサジョ

 歯に衣着せぬ鋭いコメントで人気のマツコ・デラックスが、1月22日放送のレギュラー番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、飲食店の全面禁煙を求める世論に苦言を呈した。

 番組では、受動喫煙対策について日本医療政策機構が昨年11月、20歳以上の男女1000人に調査。「飲食店の広さに関係なく全面禁煙とすべき」と回答した人の割合が49.9%だったとの結果が出たことを紹介。

 自身は愛煙家と前置きしたマツコは「全面禁煙すべき店とタバコも共になければならない店ってあると思う。吸わない人の気持ちはわかるけれど、“ブランデーを飲みながら葉巻を吸いましょう”みたいな店を禁煙にしちゃったら、文化もクソもなくなる」と反論し「全面禁煙しない店は『悪』ってなるとそれは違う」と持論を展開。ただし、家族連れや子供が来るような店は「全面禁煙でいい」と断じた。

 この発言に対しネット上では「バーで飲みたい非喫煙者はどうしろと? 人に害を与えるんだから文化とかは違う」などの否定的な意見と「吸う自由、吸わない自由、両方あるべき」など肯定的な意見で侃々諤々となったが「キチンと分煙できればいい」との意見に収まりつつあるようだ。

 喫煙者が肩身の狭い思いをしている昨今、マツコのキッパリとした意見は愛煙家にとって溜飲が下がる思いだったに違いない。

アサジョ

「禁煙」をもっと詳しく

「禁煙」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ