スカーレット・ヨハンソン、再婚から2年で離婚

1月26日(木)13時18分 シネマカフェ

スカーレット・ヨハンソン&ロマン・ドリアック-(C)Getty Images

写真を拡大

“恋多き女”と呼ばれたスカーレット・ヨハンソンが、再びシングルに。

2012年にフランス人ジャーナリストのロマン・ドリアックと交際を始め、2014年に密かに結婚したスカーレットが、わずか2年に結婚生活にピリオドを打った。スカーレットはライアン・レイノルズとの離婚経験があり、これで2回目の離婚ということになる。

「People」誌によると、スカーレットとロマンが一緒にいる姿が目撃されたのは、昨年12月、2人が共同経営するパリのポップコーンショップ「Yummy Pop」のオープニングパーティーだったが、昨年夏にはすでに別れていたとのこと。しかし、「Yummy Pop」のインスタグラムには、このパーティーで2人がいちゃつく様子の画像が掲載されている。別れても関係は良好ということか。

ロマンについてメディアにあまり語ることがなかったスカーレットだが、結婚前に「彼の頭の良さに惹かれた」「私への接し方がとってもスウィートで、ジェントルマンなの」とのろけたこともあった。

2人の間には現在2歳の娘ローズ・ドロシーちゃんがいる。親権などの詳細については明らかになっていない。

シネマカフェ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

離婚をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ