「KEIKOの病院で仮歌録った」小室哲哉新曲エピソード

1月26日(木)14時21分 J-CASTニュース

   小室哲哉が2月22日(2012年)にリリースされる「AAA」の新曲「SAILING」の制作裏話を1月26日のツイッターで語った。作曲の締め切りがちょうど妻・KEIKOの入院と重なったためスタジオに行くことができず、病院で「仮歌」を録音したという。





「病院のラウンジにあるロッカーを借りて、僕は仮歌を録ったな。Mac ProとiPhone2台で」

   このエピソードに、ツイッター上では「ロッカーの中に入って仮歌をレコーディングしたってことですか? iPhoneをマイク代わりにして?」「その作曲時の状況と集中力と複雑な思いの中できた新曲、届いたら大事に聴かないと」など、たくさんのリツイートが続いている。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

新曲をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ