シールは24種類 ビックリマンとパズドラがコラボした「パズドラマンチョコ」東日本で先行発売

1月26日(月)12時0分 J-CASTニュース

「パズドラマンチョコ」

写真を拡大

   ロッテは、1985年の発売から30周年を迎えたロングセラーのウエハースチョコ「ビックリマン」シリーズと、累計3300万ダウンロードを突破したガンホー・オンライン・エンターテイメントが運営する大人気パズルRPG「パズル&ドラゴンズ」がコラボレーションした新商品、「パズドラマンチョコ」を2015年1月27日より東日本(北海道、東北、首都圏、関東信越、静岡)で先行発売する。

「パズドラ」キャラクターをビックリマンのイラストレーターが書き下ろし



   「パズドラ」の世界観と「ビックリマン」の世界観が、シールを中心に様々な場所でコラボレーションした、両作品のファンが楽しめる商品。「パズドラ」のキャラクターを、「ビックリマン」のイラストレーターが書き下ろしたり、「ビックリマン」のキャラクターが「パズドラ」仕様の服装になるなど、両作品がクロスするようなコラボレーションが特長。


   シールは全24種類で、通常22種類とレア2種類が存在。シールの裏面には、「ビックリマン」シリーズの特徴である「キャラクター紹介」や「ウワサ」をオリジナルの文章で掲載している。


   価格はオープンだが、想定小売価格は100円前後(税別)。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ドラマをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ