「エヴァンゲリオン」の「第3新東京市」があなたの部屋に 2500分の1スケールでフィギュア化

1月26日(木)7時0分 J-CASTニュース

「ジオクレイパー TOKYOIIIシーナリー」を発売

写真を拡大

ミニチュアフィギュアを製造する日本卓上開発は2017年6月、人気アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの舞台を再現したフィギュア「ジオクレイパー TOKYOIIIシーナリー」を発売する。

価格は864円



「ジオクレイパー」は、日本卓上開発が開発する「拡張型都市開発」トレーディングフィギュア。「集める、広がる、街ができる」のモットーで、高層ビルや中層ビル、高速道路、公園などの都市空間を約2500分の1サイズで再現する。



同社は17年6月、「エヴァンゲリオン」に登場する架空の都市「第3新東京市」の「ジオクレイパー」を販売する。エヴァの作戦を支える設備が置かれている市街地が、細部に至るまで精巧に再現された。シリーズ初のキャラクターフィギュアも同封されている。



販売価格は、864円(税込)。全国の量販店やホビーショップ、ネット通販などで販売される。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

フィギュアをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ