CRAYONPOP、中国人気アイドルとコラボレーション

1月26日(月)11時16分 KEJNEWS

【26日=KEJ金善花】最近、CRAYON POPが中国のボーイズグループとコラボレーションを果たした。CRAYON POPは昨年末DT boysとともにニューイヤーソング「123ハッピーニューイヤー(123 新年好)」を収録、ミュージックビデオの撮影も行った。そして22日に中国の音源サイトにて音源を公開した。

このニュースは中国国営の中国放送(CCTV)の傘下であるインターネット放送局CNTVと中国最大規模のポータルサイトQQドットコムなどに報道されて、中国メディアと大衆たちから大きな関心が寄せられている。

CRAYON POP所属事務所のクロムエンターテインメントによると今回のコラボレーションはこれまでCRAYON POPに注目していた中国の有名芸能事務所ティエントン(北京伝統文化芸術有限会社)からのラブコールによって実現したもの。

「123ハッピーニューイヤー」は寒い冬に全ての人々に温かな幸せを届けようという新年にむけてシーズンソング。前半部分に流れる明るいメロディとパワフルなドラムビートは聞いているだけで気分がノリノリになるようなアレンジ。中国の伝統的な新年のシーズンソングとは違っているが新年のお祭りのような雰囲気を盛り込んだナンバー。さらにCRAYON POPはまだ公開されていないミュージックビデオで中国の伝統衣装チャイナドレスを着用し、お祭りムードをより一層強める予定。

今回の新曲のジャケットイメージ撮影から収録、ミュージックビデオ撮影は全て韓国で極秘で進行され、中国側の要請により、全スタッフが韓国のスペシャリストで構成されていたという。

DT boysは「2014今年の音楽先駆者賞」を受賞したウェイイニン(Wei Yining)、中国オーディション番組『Happy Boys』出身のチェンシャオ(Chen Xiao)、中国とマレーシアで活躍するワンボウォン(Wang Bowen)などティエントン所属の歌手で構成されたグループである。

一方、CRAYON POPとDT boysの「123ハッピーニューイヤー」合同ステージは30日中国北京国家図書芸術センターコンサートホールにて行われる「青春AMIGO」コンサートで初披露される予定。

KEJNEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ