イ・ビョンホンが明かすジュノ(2PM)の撮影エピソードとは!?

1月26日(火)10時15分 KEJNEWS

【26日=KEJ片岡実香】 現在、全国公開中のイ・ビョンホン待望の最新作『メモリーズ 追憶の剣』で熱演を見せたジュノ(2PM)のビハインドストーリーが公開された。

本作は、高麗末期を舞台に、4人の剣士たちが運命に導かれるように戦いの場へと引きずり込まれていく、愛と復讐の物語で、韓国映画史上最大スケールで描かれるソード・アクション超大作。

時代劇初挑戦となるジュノが演じたのは、若き剣士ユル。イ・ビョンホン演じる権力者ユベクに忠誠を誓うが、ユベクへの復讐を果たそうとする少女ホンイ(キム・ゴウン)に想いを寄せてしまう……という忠誠心と愛の間で葛藤する複雑な役を、情感豊かに演じた。

主演のイ・ビョンホンは共演したジュノについて「とても真面目な俳優さんだと思います。アーティストですし、日本と韓国を行き来していて、ただでさえスケジュールが忙しい中で撮影していたのに、一度も不満や不平を漏らしているのを聞いたことがありません。本当に誠実に取り組んでいて、素晴らしいと思いました。彼は誰よりも意志と情熱がすごく、毎シーンごとに『もう一度やってみたい』というほど、情熱的でした。」と称賛。

さらに「彼の運動神経に驚かされました。ダンスで柔軟性が身に付いたのか、アクション演技に初挑戦もかかわらず、アクション経験者のような動きに驚きました。」と褒め称えた。

そんなストイックなジュノは、“俳優としてイ・ビョンホンのようになりたい。”と公言している。撮影期間中に映画メンバーとの飲み会でジュノはお酒が飲めないにもかかわらず大好きな先輩イ・ビョンホンが注いだお酒は必ず飲み干していたという。

ストイックさと可愛らしさを持つジュノが熱演を見せる『メモリーズ 追憶の剣』は全国の劇場にて絶賛公開中。

なお『メモリーズ 追憶の剣』についてのイ・ビョンホンインタビューおよび、映画のビハインドストーリーは現在発売中のKEJ145号(2月号)に掲載されている。(写真=2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.)

KEJNEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ジュノをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ