注目ワードSMAP・元SMAP 堂本光一・中山優馬が本人前でものまね 声優・鶴ひろみ 嵐・発売 婚姻届・デザイン婚姻届 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

少女時代はなぜ“アメリカ進出”の表現を使わない?

Kstyle1月26日(土)17時41分

少女時代の「I GOT A BOY」に対して、海外から好評が殺到している。米ビルボードは「少女時代の新曲は最も進歩的なポップ」と評価し、音楽専門チャンネルFuse TVは「2013年最も期待されるアルバム44」に少女時代のアルバムを選定した。昨年世界的なブームを起こしたPSYに続き少女時代の出番だという報道も続いている。韓国の大衆には馴染みのなかったジャンルの「I GOT A BOY」は、そもそもグローバルファンを意識した曲だったのではないかという分析も出ている。しかし、所属事務所のSMエンターテインメントは「アメリカ進出ではない」と釘を差しており、その背景に関心が集まっている。





#「I GOT A BOY」はアメリカ向けの曲だったのか「I GOT A BOY」は、これまでの楽曲で行われていた変奏を幾度も重ね、「複雑だ」と評価されていた。好き嫌いがはっきり表れたりもした。SMはこのような反応を予想はしていたが、韓国の大衆に楽しんでもらえる音楽だと判断したという立場だ。



この曲には韓国、ノルウェー、スウェーデン、フランスの作曲家が一人ずつ参加し、イ・スマンプロデューサーが総指揮を取った。SMのプロデュース室のイ・ソンス室長は「この曲は2つのBPMで進行されるが、普通A→Bの形なら受け入れやすい。しかし、この曲はもう一度変奏を入れ、A→B→A→Bと進行している。複雑と感じることもあるだろうが、聞いていくうちに十分楽しんでいただけると思っている」と話した。



このような新しい試みは、特定の市場向けというよりは少女時代の位置付けと経歴が理由だったという説明だ。彼は「少女時代はもうデビューしてだいぶ経つガールズグループになった。これまで『Gee』や『GENIE』など新しい音楽を追求してきたが、今回もその延長線上にあるだけだ。ガールズグループとして多くの挑戦してきた状態でまたどういう新しいものが披露できるか、だからといっていきなりセクシーコードを掲げるわけにはいかず、それで悩んだ末の成果物が『I GOT A BOY』となったわけだ」と話した。





#アメリカ進出? いや、輸出だそのため少女時代のアメリカ活動は、進出ではなく“輸出”に近い。軸はアジアに置き、プロモーションを行うとのことだ。YouTube、Twitterなどメディアの発達によりリアルタイムコミュニケーションが十分可能になったためだ。



実際、少女時代はこの曲でアメリカでの活動は全く行なっていないが、YouTubeで同曲のミュージックビデオを最も再生した国は、韓国でなくアメリカだった。ビルボード、ローリングストーンなど有力メディアはこの曲のレビュー記事を韓国のメディアとほぼ同時期に報じた。



イ・ソンス室長は、「僕達の目標は、アメリカで成功して世界の中心に立とうとするのではなく、世界の中心をアジアに持ってくることだ。ここで成功して輸出するモデルを目指しているので、アメリカ市場がターゲットだという説明は正しくない」と説明した。イ・スマンプロデューサーも色々な演説などで文化市場の中心をアジアに移すことの重要さについて強調している。





#体は行かずとも、公演は行く…海外ツアーも新しい構想で準備SMが今年最大の目玉商品として掲げるVコンサートも、このような考え方から準備された。アーティストが直接出向かって“現地化”するのではなく、公演自体を売ろうというのだ。



Vコンサートは、“Virtual Concert”を意味する言葉で、メンバーたちが直接来なくてもリアルなホログラム映像でコンサートを実現する方式だ。韓国の活動と殺到する海外スケジュールに挟まれK-POPスター達がスケジュール調整に手こずっている中、SMが戦略的に用意した方式である。



例えば、このようなことだ。ニューヨーク、LA、ドイツ、フランス、エジプトでホログラム映像で同時コンサート開催が可能となる。メンバーたちはグループに分かれ3人はアメリカに、3人はヨーロッパに、3人はアジアステージに立つことができる。アジアを中心に、グローバルファンを同時攻略するのだ。



このコンサートは、今年の海外公演から開催する予定で、今年内に専用上映館も完成する。少女時代は依然として韓国の人々の近くで活動しながら海外へ展開できるもう一つの方法が整ったことになる。
NHN Japan Corp. All rights reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

Kstyle

関連ワード

注目ニュース
「嵐年賀状」発売で郵便局に問い合わせ殺到、チラシ転売の異常事態 アサジョ11月22日(水)7時15分
今月15日、全国の嵐ファンにとって嬉しいニュースが日本郵便から発表された。嵐のメンバーが印刷されたオリジナルの「嵐年賀状」が、来年のお年玉…[ 記事全文 ]
女性声優への「一発ヤらせて」発言で批判殺到の新人声優が謝罪 関智一は「僕がやらせてしまった」 BIGLOBEニュース編集部11月21日(火)12時48分
19日に開催されたイベント「A&Gオールスター2017」で、新人声優の外崎友亮(29)が日高里菜に対し不適切な言葉を放ったとして、批判が殺…[ 記事全文 ]
紅白歌合戦「TWICE」選出に疑問の声続出 まいじつ11月21日(火)19時30分
(C)Shutterstock今年末放送の『第68回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表された。しかし、各所から人選への不満が続出しており、…[ 記事全文 ]
映画「銀魂」が続編公開決定の裏で“元”ライバル映画の惨状がヒドすぎる! アサ芸プラス11月21日(火)9時58分
11月16日、実写映画「銀魂」の続編「銀魂パート2(仮題)」の公開が決定したと発表された。同映画のDVD&ブルーレイのリリースを記念して行…[ 記事全文 ]
「セカオワ」Saori、臨月間近で紅白出場に黄信号 アサジョ11月22日(水)10時14分
11月21日発売の「女性自身」が“セカオワ”こと音楽バンド「SEKAINOOWARI」の紅白歌合戦出場について報じた。それによると、メンバ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア