注目ワード中国・メディア 喫煙・朝日と東京 TOKIO・松岡昌宏 海自護衛艦・神奈川・横須賀基地 ロハス製薬・容姿の良し悪しで異性 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

あらゆるジャンルを席巻する 芸人たちのマルチすぎる才能

メンズサイゾー1月26日(日)15時0分
画像:あらゆるジャンルを席巻する 芸人たちのマルチすぎる才能
写真を拡大

 マルチな才能を持った人々が多く活躍する芸能界。中には一体なぜタレント(才能)と呼ばれているのかわからず、ただタイミングが良かっただけという輩もいるが、そんな運もまた才能といえば才能といえる。やはり多くの人が憧れ、挑戦しては失敗する芸能界で、第一線で活躍している人々は、何かしらの才能に恵まれているものだ。


 特に今の芸能界では、芸人があらゆるジャンルで活躍し、テレビをつければ必ずそこに1人は芸人がいるのが当たり前になっている。俳優や歌手、アイドルなど、さまざまなジャンルの人々が活躍する中で、もっとも多彩な才能を発揮しているのが芸人といえる。


 一昔前であれば、とんねるずやダウンタウンといった飛びぬけた売れっ子に限られた他ジャンルへの進出だったが、今ではある程度名前が売れているだけの芸人がドラマに出演し、CDを出すのに何の驚きもない。今や芸人は、バラエティにとどまらず、情報番組の司会をこなす加藤浩次や恵俊彰、スポーツ中継に顔を出す明石家さんまや爆笑問題の田中裕二、選挙特番を仕切るくりぃむしちゅーの上田晋也やロンドンブーツ1号2号の田村淳など、例を挙げていけばきりがないほど。そして、そのほとんどがもはや違和感のないものとして認知されている。


 さらに番組内で流される再現VTRなどにも、知名度のある売れっ子芸人が出演していたりする。ものまね芸人が本人の代わりにというわけでもなく、近頃ではオードリーやハリセンボンの箕輪はるかなど単に出演しているようなケースも目に付き、そこまでする必要があるとは思えないが、彼らは貪欲に仕事をこなしているようだ。


 また、芸人たちはナレーションなども器用にこなし、気づけば、「あの芸人がやっていたのか」と驚くようなこともしばしばある。キャイ〜ンの天野ひろゆきや麒麟の川島明などは、本職の人々をも凌駕するような技量を見せる。彼らの才能の豊かさには、ただ目を見張るばかりだ。


 しかし、そんな芸人たちの活動領域の広さは、まるで身内だけで金を回しているような印象を覚え、また芸人の知名度を単に利用したのだろうという場合もある。つまりその芸人でなければならないシーンなら頷けるが、別に誰がやってもそんなに代わり映えしないケースで、大人の事情が絡み、その芸人が採用されているというわけだ。


「たとえばアニメの吹き替えなどで有名芸人さんが起用されることがありますよね。アニメ文化の盛んな日本には多くの一流声優がいるのにもかかわらず、まるで素人の芸人を使うわけです。それはつまり、その芸人を呼ぶことでマスコミを呼び、宣伝に利用しようという魂胆なわけですよ。どんなに一流の声優さんと言っても、マスコミを呼ぶ力では売れている芸人さんに敵いませんからね。プロの声優さんは悔しいでしょうが、より多くの人に周知して、作品を売り込むには知名度のある人を利用するのが手っ取り早いわけです」(業界関係者)


 大人の事情も絡んで幅広く仕事をこなす芸人たち。中には不本意ながら仕事をしている芸人もいるかもしれない。しかし、それでも取り組むのが本物の芸人というもの。何でもやって、その先に笑いを生むのが彼らの使命だ。たとえシリアスな役柄でも、ひとたび仕事をこなした後に舞台に戻り、それをネタに笑いを起こせれば芸人冥利に尽きるというものだろう。逆に言えば、そんなモチベーションがあるから、彼らはあらゆるジャンルで活躍できるのかもしれない。
(文=峯尾/http://mineoneo.exblog.jp/)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

最新トピックス

芸能トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「芸人」「芸能界」「タレント」「失敗」の関連トピックス

「芸人」をもっと詳しく

注目ニュース
TOKIOの2人、バク転成功 「40代で出来んのは素直に尊敬」 J-CASTニュース9月25日(月)19時44分
かつて「ジャニーズ」といえば、「バク転」のイメージが強くあった。少年隊や光GENJI、V6などメンバー全員ができるグループある一方、最近で…[ 記事全文 ]
小泉今日子の10月ドラマ予告動画が「あの爆死ドラマに激似」の不穏! アサ芸プラス9月25日(月)9時59分
10月17日スタートの新ドラマ「監獄のお姫さま」(TBS系)。主演は小泉今日子で脚本は宮藤官九郎。[ 記事全文 ]
香取慎吾、今後は「芸術活動」が主軸?高く評価される実力とは! アサ芸プラス9月25日(月)9時58分
晴れて、新たに所属事務所が決まった香取慎吾。SMAPのCDデビュー日(91年9月9日)の前日に、およそ30年も所属したジャニーズ事務所を退…[ 記事全文 ]
松本潤が「イッテQ」で体を張る裏事情 まいじつ9月24日(日)19時0分
画/彩賀ゆう(C)まいじつ『嵐』の松本潤が10月8日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)にゲストで出演する。[ 記事全文 ]
でんぱ組卒業の最上もが、久々の姿にファン喜び 日刊スポーツ9月25日(月)17時6分
アイドルグループでんぱ組.incを卒業した最上もが(年齢非公表)が久しぶりにメディアに姿を現した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア