ムチムチ肉惑ボディ! 立花理佐、似非ハワイ好きが露呈するもアイドルの魅力健在

1月26日(月)18時0分 メンズサイゾー

 25日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)に立花理佐(43)が出演。ハワイ好きを公言しながらも、実は14年前に行ったきりであることを反省した。


 この日、立花は頭にハイビスカスを飾り、胸元の大きく開いたセクシーな衣装でスタジオに登場。肌も浅黒く日焼けしており、見るからにハワイアンな雰囲気を醸し出していた。しかし立花は、ほとんどハワイに関しての知識はなく"なんちゃってハワイ好き"であることを告白。立花によると、「ハワイ通の芸能人がおしゃれであることに憧れて」自らも好きになったというが、最後に訪れたのは14年前の結婚式。それ以降、一度も訪れていないにもかかわらず、「癒しのハワイ大使」として仕事をこなし、ブログなどでもたびたび南国をネタにしているという。


 さらに立花は、フラダンスやウクレレを始めるも、あまり真剣にやっていないと発言。首や肩にかけるハワイの装飾品「レイ」を作ろうと思い立つも、いまだに実践していないことを明かした。立花は何度も「ホントは行きたい」「気持ちは行ってる」と言っていたが、おススメの観光地を聞かれても「ダイヤモンドヘッド」「アラモアナショッピングセンター」と誰でも知っているような名前を挙げるだけ。司会の有吉弘行(40)から、「とっておきの場所知ってるんでしょ?」と水を向けられても「海かな...」と申し訳なさそうに小さくつぶやくだけだった。ハワイ好きをアピールしながら、その様子がまったくうかがえない立花には、有吉も「ホントは嫌いなんでしょ」と呆れ気味。大久保佳代子(43)に至っては「いい感じにババアの適当さと図々しさが出てる」とキツイひとことを浴びせていた。


 しかし、そんな立花に対して番組に出演していたモデルのアレクサンダー(32)は興味津々。「ファッション的にはいい」「ピタッとした服が似合ってる」と43歳の立花に向かって相変わらずセクハラじみた発言を繰り返す。そしてアレクが「いいお尻してる」「ちょっと見せてもらってもいい」と言うと、立花は満更でもない笑顔を見せて、自ら立ち上がりカメラの前にお尻を向けるのだった。


「立花さんといえば、デビュー作となったドラマ『毎度おさわがせしますIII』(TBS系/1987年)を思い出す視聴者も多いのではないでしょうか。C-C-Bのテーマ曲とともに、ちょっとエッチでコミカルなストーリーが印象的でしたね。当時から白い歯がまぶしくて、弾けるような笑顔が可愛らしかった立花さんですが、今回の『有吉反省会』でもそれは健在。似非ハワイ好きであることを責められていましたが、あどけない表情で受け流す彼女は、アイドル時代と変わらないキュートさがありました。そんな彼女の魅力にアレクも反応したのでしょう。まあ、アレクの場合は誰にでも敏感ですが...(笑)。少しムチムチとしたところは見受けられましたが、年相応のスタイルと考えれば、視聴者からの好感度も高いのではないでしょうか」(テレビ関係者)


 2004年に第一子を出産後、子育てを理由に芸能活動を休止していた立花。その後、子どもが小学校に上がったのを機に復帰すると舞台などを中心に女優活動を再開した。現在でも"アイドル活動"と称しライブを積極的に開催しており、こうした姿勢が彼女のアイドル然とした雰囲気につながっているのだろう。今後彼女はバラエティ番組『私の何がイケないの?』(TBS系列)などへの出演も予定されているが、再び脚光を浴びることになれば、43歳のアイドルに魅了される視聴者が増えることになるかもしれない。
(文=峯尾)
著書『松本人志は夏目漱石である!』(宝島社新書)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ハワイをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ