AKB48の完全美少女・入山杏奈、初写真集で裸に見える下着ショット!

1月26日(木)21時0分 メンズサイゾー

 AKB48の入山杏奈(いりやま・あんな/21)が3月22日にリリースするファースト写真集『美しい罪』(幻冬舎)が、早くもファンの間で評判を呼んでいる。


 昨秋、自身のInstagramで初写真集のリリースを報告した入山。このときもネットで話題になったが、25日に先行カットが公開されたことでファンらはさらに期待を膨らませたようだ。


 入山は昨年9月15日から11月3日にかけて初舞台となった『歌姫』に出演したが、その千秋楽の翌日に台湾に飛んで同作の撮影を行ったという。先行カットでは、地元のグルメを味わうナチュラルな姿のほか、ベンチの上にビキニで寝そべる写真や裸に見えるランジェリーショットなどが公開された。健康的な印象も受けるが、女性らしい柔らかなボディラインがセクシーで、「大人のあんにん」が満喫できる作品に仕上がっているようだ。


 これを見たファンからも、「相変わらず美しいボディ」「セクシーさがにじみ出てる」「保存用と観賞用で二冊は最低必要だな」といった絶賛コメントが続出。目鼻立ちがはっきりしたAKB48屈指の美形と言われる入山が、「最高のデキ」とアピールする作品を心待ちにしている。


 これまでも、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)や「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)といった漫画誌を中心にグラビアを披露してきた入山。グラビア好きには「グラドルよりもグラドルらしいカラダつき」と評判で、彼女の肉感的なボディを絶賛する人は多い。アイドルというと華奢で可愛らしいイメージもあるが、それとは少々異なる色っぽい魅力でファンの心をつかんでいる。


 そんな入山は早くから写真集の発売が期待されており、以前から本人も目標のひとつに「ソロ写真集」を挙げていた。次々と人気メンバーが写真集を発売する中、ビジュアル担当と呼ばれる入山には焦りのようなものもあったのかもしれない。最近のAKB48グループでは、同じ1995年生まれのNMB48・上西恵(じょうにし・けい/21)が、セカンド写真集『21K』(ヨシモトブックス)のリリースを発表。AKB48の公式ライバルである乃木坂46の齋藤飛鳥(18)も、ファースト写真集『潮騒』(幻冬舎)を今月25日に発売したばかり。こうした状況に入山が複雑な思いを抱いていてもおかしくないだろう。


 ともあれ、本人にとってもファンにとっても待望の一冊となる『美しい罪』。AKB48の「完全美少女」が、初写真集でどんな姿を見せてくれるのか楽しみだ。
(文=aiba)

メンズサイゾー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

下着をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ