深田恭子、主演ドラマでエロ可愛いサービスシーン連発! 透けブラ・下着風衣装・バスタオル姿まで

1月26日(金)16時0分 メンズサイゾー

 女優の深田恭子(35)が主演するドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)の第2話が25日に放送され、平均視聴率が6.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。高視聴率とは言い難いものの、劇中で深田のサービスショットが飛び出すことでネット上の男性視聴者が沸き立ち、数字以上の注目を集めているようだ。


 同作は深田と松山ケンイチ(32)が妊活に励む夫婦を演じるヒューマンドラマ。さまざまな事情を抱えたカップルが暮らす集合住宅を舞台に、その人間模様と成長を描く作品となっている。


 第2話では、不妊治療の専門医から「不妊症」だと宣告されてしまった奈々(深田)と大器(松山)が妊娠の確率が上がる「タイミング法」を実践することに。奈々は実践当日の朝に夫に精力ドリングを飲ませ、お昼にウナギを食べるように指示し、さらに「タイミング、今日だからね!」と念を押して送り出すなど万全を期す。しかし、仕事で大きなトラブルがあったことで帰りが遅くなり、とても子作りするムードではなくなってしまった。


 奈々は翌日に望みをかけるが、今度は大器がある事情で自宅に帰れなくなった同じ集合住宅の住人・小宮山(野間口徹)を家に連れてきてしまい、またも子作りする状況ではなくなってしまう。この時、奈々は子作りムードを高めるために太ももを大胆に露出したランジェリー風のセクシー衣装をまとっており、大慌てで部屋に引っ込んでしまうという展開になった。


 深田がそのような衣装を着用することはあまりなく、かなりのレアシーン。ネット上の男性視聴者からは「深キョンのエロ下着!」「深キョンがエロ可愛い、やばい」「深キョンにエッチ誘われるとか最高だろ」「『ふたりエッチ』的な展開はまだか!?」などと興奮気味のコメントが飛び交った。


 さらに番組の終わりに流れた第3話の予告編では、入浴中の夫にバスタオル一枚の姿で「きてない! アレ!」と生理がきてないことを報告する場面があり、これにも男性視聴者たちは大喜び。「来週は入浴シーンか!」「バスタオル一枚の深キョンを出されたら絶対見てしまう」「次もタイムラインが荒ぶりそうだ」などと盛り上がっている。


「第1話では溺れた大器を助けるためにTシャツでプールに飛び込み、透けブラ状態になるというサービスシーンが男性視聴者に大好評でした。2話目では下着風のセクシー衣装を披露し、次回はバスタオル一枚の艶姿。どうやら毎回、深田さんのサービスカットがあると期待してよさそうです。妊活という難しいテーマということもあって今のところ視聴率は決して高くありませんが、ネット上で女性たちがドラマをきっかけに意見交換で盛り上がったり、深田さんのセクシーショットに男性視聴者が沸き立ったりと、SNSを中心に今後人気に火が付きそうな気配です」(アイドルライター)


 集合住宅の住人たちが抱える悩みが徐々に明らかになるなど、早くもストーリーから目が離せない状況になっている同ドラマ。深田のサービスシーン目当ての男性視聴者からも熱い視線を浴びており、今後の展開に注目が集まりそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「深田恭子」をもっと詳しく

「深田恭子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ