ミス日本グランプリの松野未佳さん 将来は政界入り? 政治家は「憧れの職業」 「第48回ミス日本コンテスト2016」

1月26日(火)21時5分 MAiDiGiTV


 「第48回ミス日本コンテスト2016」(ミス日本コンテスト事務局)が1月25日に東京都内で行われ、グランプリに東京都出身で慶応義塾大学2年の松野未佳(まつの・みか)さん(20)が選ばれた。松野さんは「維新の党」の松野頼久代表の次女で、今後について聞かれると「政治家が憧れの職業というのは変わりはない。これから1年間、たくさんの人と関わらせていただいて、たくさん話を聞いて、自分が何をしたら一番役に立つのか考えていきたい」と語った。また以前は顔が父親に似ていることをコンプレックスに感じていたというが、今回のグランプリ受賞で「少し自信を持てそうです。ありがとうございます」と笑っていた。

 父親の松野代表には、応募書類を書く時に相談したといい、松野さんは「父の職業欄を記入するのに『足を引っ張るといけないから、会社社長としておきなさい』と言われました」と裏話を明かした。またミス日本の勉強会が終わるたびに、松野頼久代表から連絡があったといい、「うっとうしいくらいでした」と娘の顔を見せた。

 同コンテストは、第1回が1950年に開催され、これまでに女優の山本富士子さんや藤原紀香さんらを輩出。48回目となる今回は「行動する健康美人」をテーマに行われ、応募総数2804人の中から選出された候補者13人が最終審査に臨んだ。

MAiDiGiTV

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本グランプリをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ