金子恵美、東出昌大の不倫報道に涙「こんなに妻の尊厳を傷つけることって…」

1月26日(日)12時44分 マイナビニュース

元衆議院議員の金子恵美氏が26日、TBS系情報番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜10:00〜11:22)に生出演。俳優の東出昌大が、女優の唐田えりかとの不倫が原因で、妻で女優の杏と別居していることが『週刊文春』で報じられた件について言及した。

妊娠中に夫で元衆議院議員の宮崎謙介氏の不倫が発覚したが、その後宮崎氏を許して結婚生活を続けている金子氏。

「1回ならまだしも、会わないって約束をして、その都度何度も裏切るって、妻としては何を信じていいかわからない。夫に対する不信感はある中で、目の前には子供がいる。子供に母親として向き合わなければいけない。どんな思いだったかなって考えると、このニュースを知ったときに涙が出てしまって…」と杏の気持ちを想像して涙したという。

続けて、「でも、こんなこと言うのも実は余計なお世話な話で。というのは、私の時に周りの方が夫の人格を全否定したのも嫌だったし、こんなことがあって離婚しないなんてありえないって言われるのも、そんなのほっといてっていう思いがあったので。みなさん離婚だとかおっしゃいますけど、外野が結論を押し付けるということだけは避けてほしい」と呼びかけた。

そして、自身と今回の場合について「だいぶ質が違うと思っている」と言い、「夫のはしょうもない火遊びだと思っています。ただ今回は3年という長さで、この間、何度も何度も修復しようと思って杏さんが努力したのに繰り返して、ましてまだほかの人に行ってくれたほうが妻としては気が楽なんです。同一人物にずっと、その上同業だっていうのが、こんなに妻の尊厳を傷つけることってないなって思います」と厳しい表情で述べた。

マイナビニュース

「不倫」をもっと詳しく

「不倫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ