原田知世、同一ブランドTVCM出演時間トップに ギネス申請も?

1月26日(火)14時21分 Techinsight

変わらぬかわいらしさの原田知世

写真を拡大


女優で歌手の原田知世(48)が、1995年から20年間TVCMに出演しているインスタントコーヒーブランド『Blendy』のイベントに登場した。20年間変わらぬかわいらしさと好評の原田がこれまでを振り返り、CMでお馴染みの「ふぅー」を披露した。

26日、東京・二子玉川ライズ ガレリアで開催された『STICK MORNING CAFE』オープニング記念イベントに出席した原田知世。オフホワイトのニットに木の模様のスカートというナチュラルでキュートな装いだ。

イベントでは20年前の初TVCMを鑑賞、原田は「最初はこんなに長く続けていけるとは思っていなかったので、自分が驚いています。光栄なことです」と当時を振り返った。司会者から「同一ブランドのTVCM出演時間がNo.1になります」と発表され、原田は「さきほど伺ってすごくびっくりしましたし、すごく嬉しいですね」と穏やかに微笑んだ。司会者が「ギネスに申請したいですよね」と出席者に呼びかけると、味の素ゼネラルフーヅ株式会社・横山敬一社長も「できたらちょっとね、申請したいですけど。ハッハッハ」と笑いながら前向きなようだ。


そんな原田は20年前と変わらないかわいらしさの秘訣について「仕事をするときはすごく集中したり緊張したりすることがあるので、オンとオフの切り替え、リラックスするときは本当にリラックスして、友達と美味しいものを食べに行ったり、いろんな話をして笑ったり、ゆっくりお風呂に入ったり、朝に美味しいコーヒーを入れてほっとする時間だったり、そういったものを大切にすることで、よりまた次のステップの仕事を頑張れます」とメリハリをつけるのが長くやっていくのに大事だと原田流のコツを明かし、さらに「日々を充実させたい。今日、今この瞬間を味わいながら楽しみながら過ごすことが大事だなと年を重ねるごとに実感するようになりました」と現在の心境を語った。


来年でデビュー35周年になる原田は「20代半ばを過ぎてから音楽もしっかり自分の世界を作りたいと思うようになって、それが今は自分の個性というか、自分の良い財産になったと思います。音楽をやってきて良かった。音楽を通じてのファンや新しい人との出会いも増えました。両方ともすごく面白いお仕事なので」と20代後半だったというターニングポイントを振り返り、今後も女優と歌手、二足のわらじを履いて活動を続けるとした。


同所では、1月26日から1月31日まで6日間限定で『STICK MORNING CAFE』をオープン。人気ベーカリーの数種類のパンから1つを選び、6種類の「ブレンディ スティックカフェオレ」から好きな1杯とともに無料でいただくことができる。イベントでは原田もクロワッサンとカフェオレを試食。そこでCMでお馴染みのシーンをリクエストされ、カフェオレを飲んだあとに「ふぅー」と一言。「すみません、小さい声で」と恥ずかしそうに顔いっぱいに照れ笑いした。
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

Techinsight

「原田知世」をもっと詳しく

「原田知世」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ