長渕剛、歌い方を変えた理由や日の丸への思い明かした『金スマ』に「ダークな部分」を期待する声も

1月26日(日)16時25分 Techinsight

長渕剛『TSUYOSHI NAGABUCHI CINEMA&LIVE 2019 太陽の家』大阪公演にて(画像は『長渕剛 2019年11月8日付Instagram「いよいよ大阪2日目!!」』のスクリーンショット)

写真を拡大

シンガーソングライターの長渕剛が、1月24日放送のTBS系バラエティ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ 2時間スペシャル』にゲスト出演した。長渕は故郷・鹿児島で裕福とは言えぬ子ども時代を過ごし、辛いこともあったが父と母に可愛がられて育った。中学3年生の時にギターを手に入れて自分で曲を作り歌う喜びを知った彼は、福岡にある九州産業大学に進学するもやがてミュージシャンの道を目指すようになり、上京を決意してプロの道に進んだ。そんな彼が成功や苦悩を振り返りつつ、楽曲作りの路線変更から母親の病や介護についてまで明かした。

長渕剛の本格的デビューシングルとなった『巡恋歌』(1978年)やミリオンヒットした『順子』(1980年)などに比べて、自身の主演ドラマ『家族ゲーム』のテーマ曲でもある『GOOD-BYE青春』(1983年)あたりから曲調や歌い方が変化してきた。『ろくなもんじゃねえ』(1987年)、『泣いてチンピラ』(1987年)、『とんぼ』(1988年)の頃になると、あの『順子』と同じアーティストの作品とは思えないほど変貌を遂げたのである。

ネット上でも以前から「長渕剛は途中から歌い方が変わった」と話題になっていたが、このたびの『金スマ』で彼がその件に触れた。

デビューした頃には若い女性ファンが多く、ライブでギターを弾きながら歌えば「剛ーー!」と声援が飛んだ。最初こそ嬉しくて「客が満杯になった、もっと頑張ろう」と思えたが、ある時から女の子たちが立ち上がって紙テープを投げ始めた。彼はその現象をどう受け止めてよいか分からず、「何でこの歌で立ち上がってキャーキャー言うんだ?」と違和感を覚えたそうだ。それを機に「こんな歌を歌ってちゃダメだ」と路線変更して「男の世界の歌を歌い始めた」という。

スタジオでその話をした長渕は「今、考えると後悔しているね」と口にして笑わせたが、1980年当時『ザ・ベストテン』で『順子』を歌い出したところ、観客が手拍子を入れたので「これは失恋の歌だから手拍子はちょっと勘弁して」と呼びかけて最初から歌い直したエピソードは有名である。

そんな長渕だが、末期の大腸がんだった母が手術を受けた後、病室のベッドでお腹にたまった血を抜くためのチューブからぽたぽたと滴る血を見ながら、手術で切るよりも先にもっと早く「どこが痛いんだ母ちゃん」とお腹をさすって手当てをたくさんすればよかったと後悔した。

13枚目のアルバム『JAPAN』(1991年)のリード曲『JAPAN』では日本という国に対して「何をしているのか、何処へ向かおうとしているのか」と訴えた。また15枚目のアルバム『家族』(1996年)に収録された『家族』(作詞:長渕剛、高山文彦)には「白地に赤い日の丸」という歌詞がある。ライブでも日の丸を掲げたり、ファンが日の丸を振ったりする光景が見られるように、長渕は「日の丸」に特別な思いがあるようだ。

彼は『金スマ』スタッフから「なぜ、そこまで日本を思うのか?」と問われて「父母や兄弟、仲間を思う気持ちが日本を思う気持ち。僕が一時期、日の丸にこだわったのはそれです」と答えており、さらに「僕が回帰するのは母の土手っ腹から流れた血ですね。それが日の丸の赤です」と話している。

Twitter上では「金スマ、大泣きしてた。好きでも嫌いでもなかったけど、『俺にとっての日の丸』の意味と『MOTHER』の途中の歌詞でええなぁって」、「富士山麓ライブが日の丸で埋まった時は引いたけど、今日の金スマを見てちょっと安心した」などの反響があった。

なかには「ダークな部分」について語られなかったことを指摘して、「過去に罪を犯して失敗してしまった人でも、努力すれば陽の目を見れることを長渕に伝えて欲しかった」と惜しむ声も複数見受けられた。長渕剛が1995年に大麻取締法違反で逮捕されたこと、その捜査過程で国生さゆりとの不倫が発覚したこと、2014年に元マネージャーから暴行により訴えられたことなどをいうのだろう。

薬物問題や不倫騒動が続く昨今の芸能界において、長渕剛が体験してきたことを語ってくれれば参考になりそうだ。もし『金スマ』でまた長渕特集を組むならばそうした一面にも期待したい。

画像は『長渕剛 2019年11月8日付Instagram「いよいよ大阪2日目!!」』のスクリーンショット

Techinsight

「長渕剛」をもっと詳しく

「長渕剛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ