「利き酒自慢」の西山茉希が高田秋に2連敗の赤っ恥!

1月27日(月)10時0分 アサ芸Biz

西山茉希

写真を拡大

 酒好きとして知られるモデルの西山茉希。酒処である新潟出身でもあり、さぞかし日本酒への造詣が深いと思いきや、とんだ赤っ恥をかいてしまった。

 1月21日に放送された情報番組「よじごじDays」(テレビ東京系)では、「お酒女子2人がいく!神田周辺あったか酒場巡り」と題して、西山とモデルの高田秋が東京・神田の赤提灯の店を飲み歩いた。高田も酒好きモデルとして知られ、きき酒師(「きき」は口へんに利)の資格も持つ。西山にはうってつけの飲み相手だ。

 しかし、1軒目の老舗酒場で西山はいきなり鼻っ柱をへし折られた。酒が少し入った西山は「私、利き酒、けっこう自信あるんですよ。利き酒を開催した時に外れなかった」と豪語し、高田と利き酒対決をすることに。

 利き酒は、まず3種類の日本酒を飲む。次に、その3種類の中から出された1つの日本酒を飲み、銘柄を当てるというルール。2人は獺祭(山口県)、田酒(青森県)、久保田萬寿(新潟県)の3種類の日本酒を味見した後、いざ勝負。銘柄を伏せられて出された日本酒を飲み、高田は「これは楽勝ですよ」と余裕の表情。酒処の新潟出身の西山も自信満々だった。〝せーの〟で2人は回答し、高田は久保田萬寿、西山は獺祭。「久保田萬寿は私の生まれ故郷(の日本酒)だから間違えるはずがない」と西山は言い張ったが、正解は久保田萬寿。西山は地元の日本酒を間違える大失態をおかしたのだった。

 納得のいかない西山は3軒目でも再度利き酒対決を申し込んだが、またしてもあえなく返り討ち。酒は好きだが、味はわからないようだ。

「西山は酒の味より度数重視のようです。2018年放送のバラエティ番組『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に出演した西山は、アルコール度数が高いストロング系のチューハイを1日2~3本飲んでいることを明かしました。どうやら料理を作りながら飲んでいるようです。味を楽しむというより、体がアルコールを欲しているように思えますね」(芸能記者)

 ストロング系だけでなく、日本酒もたしなんで、高田にリベンジしてみては?

(石田英明)

アサ芸Biz

「西山茉希」をもっと詳しく

「西山茉希」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ