本宮佳奈さん&桑原由気さんがクリスマスの苦いエピソードを大告白! 『温泉むすめ』「YUKEMURI FESTA Vol.8」第1部レポート

1月27日(土)13時30分 アニメイトタイムズ

2017年12月10日(日)、スペースFS汐留にて、クロスメディアプロジェクト『温泉むすめ』のイベント「YUKEMURI FESTA Vol.8@新橋」が行われました。

『温泉むすめ』は、日本全国の温泉地をモチーフにしたキャラクターたちがアイドル活動をすることで地方を盛り上げ、さらに日本の温泉の素晴らしさを世界に発信するという、壮大な野望を持つプロジェクト。

毎週火曜日と金曜日には新キャラクターが続々と発表され、富田美憂さん、本渡楓さん、飯田里穂さんら若手声優陣と人気イラストレーターの起用が話題になっています。さらに水樹奈々さん、井上喜久子さんの参加も明らかになり、今後の動向から目が離せないコンテンツの一つです。

毎月行われている「YUKEMURI FESTA 」では、アニメイトタイムズで配信中のラジオ「みみぽか!!〜ゆーも遊びに来ちゃいなYOH!〜」の公開録音を中心に、会場限定のドラマや声優陣のぽかぽかなトークが繰り広げられています。

本稿では、SPRiNGSメンバー過去最多の出演となった本イベント第1部の模様をお届けします!

【出演者】
箱根彩耶役・長江里加さん
秋保那菜子役・高橋花林さん
道後泉海役・篠田みなみさん
登別綾瀬役・日岡なつみさん
有馬輪花役・本宮佳奈さん
有馬楓花役・桑原由気さん 
2ndライブもこれでバッチリ!? SPRiNGSがピンチをシミュレーション!
11月19日の「SPECIAL YUKEMURI FESTA in 仙台」にてすべて決まったそれぞれの挨拶を披露するキャスト陣。今回はSPRiNGSメンバーが中心となり、和気あいあいとした雰囲気で進行していきます。オープニングトークでは、ついに実現した長江さんの箱根弾丸温泉ツアーを写真と共に振り返りつつ、「SPRiNGS 2ndライブ NOW ON☆SENSATION!! Vol.2” 〜聖夜にワッチョイナ!!〜」のレッスン近況を報告して最初のコーナーへ。 
今回の公演は2ndライブ目前ということで、どんな事態が起こっても対処できるようにシミュレートする「NOW ON☆SENSATION トラブル対応マニュアル検討会議!」を実施。こちらは、ライブ中に起こるかもしれないトラブルをお題に、キャスト陣がどうやって切り抜けるかを回答していくコーナーです。 
お題としては、「昨日からの大雪でSPRiNGSの衣装が届いてません。ステージ衣装どうしましょう!?」と現実的なものから、「本日の観客、全員身長30メートル級です!」のように想像を絶する内容まで、キャスト陣は果敢に答えていきました。 
また「本番30分前! 私たち9人、身体が入れ替わってます!」といった内容に対しては、9人の入れ替わり先リストがスクリーンに映し出されます。日岡さんと入れ替わる桑原さんは「なっちゃんになれるの!? やったぁ!」と喜ぶ一方、日岡さんは「桑ちゃんになったら大変!(笑)」と無茶振りされることに不安を感じるワンシーンも。 
さらに、高田憂希さん(草津結衣奈役)と入れ替わる長江さんは、高田さんのオリジナル自己紹介を披露しましたが、残念ながら失敗に終わります。

すると「YUKEMURI FESTA Vol.1」で、華麗にコピーして見せた篠田さんがお手本を示すことに! 「やる気と元気は憂希から! みんなに笑顔を届けるぞ〜! 笑え〜? 高田憂希です♪」と当時、高田さんが見せたアレンジバージョンで披露! 全力でやり尽くしてぐったりする篠田さんに、会場からは惜しみない拍手が贈られました。 
その後、ふつおたを数通紹介。「温泉むすめになってからハマったことはありますか?」という質問には、有馬温泉で体験したトライクを運転できるようになりたいと話す高橋さん。その話題に続いて長江さんは、有馬温泉の金の湯・銀の湯に行ってから、より露天風呂が好きになったことを告白。

また、テレビなどで温泉の名前を見かけるとすぐに調べる習慣ができたりと、『温泉むすめ』ならではの話題が飛び出しました。 
「温むすかるた」作りも、いよいよ折り返し!
ここで前半を終えると、既出情報を一通り紹介して後半へ。「みみぽか温泉サミット」のコーナーでは、道後温泉で1年の汚れを落とす「すす払い」が行われたことや、部門別に各温泉地がランクインした「温泉総選挙2017」などのトピックスを紹介。 
「温泉総選挙2017」には、「リフレッシュ部門」や「うる肌部門」、「外国人おもてなし部門」など、多種多様な部門が設けられていたことから、キャスト陣も驚きを隠せない様子でした。 
ここからは、『温泉むすめ』ならではのかるたを作る「温泉むすめかるたを作ろう!!」のコーナーがスタート! 今回は本宮さん、桑原さん、篠田さんが「と」の札を、高橋さん、日岡さん、長江さんが「な」の札を担当します。

まず篠田さんは「とんでもねぇ あつあつ玉川温泉」と、秋田県の玉川温泉をチョイス。その理由を「とんでもない温泉」とネットで調べた結果、包丁すら溶ける強酸性の玉川温泉がヒットしたからと説明しました。 
続く桑原さんは、温泉に来るとテンションが上がるはずと前置きした上で「飛び込み禁止」の文字と、高いところから露天風呂に飛び込むイラストを公開してぽか旦那・ぽか女将の笑いを誘います。 
本宮さんは「とくべつな あなたに捧げる ワッチョイナ♡」とライブを全面に出した内容でアピールし、多くの拍手が送られました。 
お次は「な」の札を順に紹介。高橋さんは「鳴子とね 秋保は同じ 宮城県」と秋保那菜子&鳴子夏月のイラストを見せると、会場からは大きな歓声が! そのまま商品化できそうなクオリティということもあり、キャスト陣からも感嘆の声があがっていました。 
長江さんは「泣く子も黙る泉海の逆鱗」と頭に角が生えた泉海のイラストを公開。普段から結衣奈やバーデンに振り回されている泉海らしい札となりました。 
最後の日岡さんは「なつみはね 登別綾瀬役 なんだなぁ」と自己紹介(?)のようなフレーズを発表すると、桑原さんから「このコーナー飽きちゃったのかな?(笑)」と鋭いツッコミが! 「な」の文言が誰も思いつかなかったそうですが、高橋さんから「なつみの“な”でいいじゃん」というアドバイスを受けて思わず顔をほころばせました。 
以上の結果から「と」の札は篠田さん、「な」の札は長江さんの案が採用されることになり、公録パートは終了しました。 
キャスト陣がクリスマスの温かいエピソードや苦い思い出を大告白!
ここからは会場限定企画として、ミニドラマ「イベント限定 みみぽか温泉物語」を生披露! 今回のテーマは「サンタさんがくれたもの」ということで、10m級のサイダーが欲しい楓花や、自由にステージを飛び回れる強いハートがほしい那菜子など、温むすたちのクリスマスエピソードが語られます。 
アドリブパートでは、キャスト陣が子供の頃にもらった印象的なプレゼントについてトークが展開しました。幼い頃、金なら1枚、銀なら5枚でもらえる某カンヅメがプレゼントだったという本宮さん。

中には福笑いのようなおもちゃが入っていたそうですが、開けてみると既に出来上がっており、実はサンタに先に遊ばれていた苦い思い出話を披露し、会場の笑いを誘いました。 
毎年サンタにクッキーを焼いていた篠田さんは、クリスマス当日の朝になるとクッキーの代わりに筆記体でお礼のメッセージが添えられていたそうで、これにはキャスト陣からも「篠田家のサンタかっこいい!」との声が! 
また、同じく桑原さんもクリスマスにはサンタからの手紙が添えられていたものの、お母さんの字で書いてあったようで、5歳の頃から色々と察していたことを告白しました。 
そんなクリスマストークでひとしきり盛り上がったところで、ミニドラマは終了。最後は、会場のぽか旦那・ぽか女将が持ち寄った温泉の素を賭けた「温泉の素争奪温泉むすめじゃんけんダービー」が行われ、第1部は締めくくられました。 
[取材・文/鳥谷部宏平]

>>https://onsen-musume.jp/ (公式サイト)
>>https://twitter.com/onsen_musume_jp (公式Twitter)

アニメイトタイムズ

「温泉」をもっと詳しく

「温泉」のニュース

BIGLOBE
トップへ