芸能界イス取りゲーム、タレントが狙う「自称ブス枠」の標的はHKT48・指原莉乃?

1月27日(火)9時18分 アサ芸プラス


 元モーニング娘。矢口真里が自宅不倫騒動で活動自粛していたことから、矢口のポジション争いをめぐり、似たキャラクターの鈴木奈々菊地亜美が昨年はテレビに出ずっぱりだった。

 ハーフ枠では、ローラの父親逮捕の噂が流れるや、第2のローラとして水沢アリーがプッシュされるなど、空いた席に群がる姿はまるでイス取りゲームのようである。

「特にママタレ枠は激戦区です。最近は小倉優子や優木まおみも参入し、完全に飽和状態。スザンヌが幼い息子を海外旅行に連れ回して騒動となったが、わざとブログを炎上させて話題づくりをしようとしたように見えました。彼女は『第2の辻希美』を狙っていますね(笑)」(芸能記者)

 競争率の高いぶっちゃけキャラ、ハーフタレント、ママタレ枠を避け、いまタレントたちが注目している「枠」があるという。テレビ関係者が明かす。

「ずばり“自称ブス”枠ですよ。HKT48の指原莉乃がメディアを席巻するのを見て、芸能プロやタレントたちが“ポスト指原”に目をつけています。これからジワジワと“自称ブス”アイドルが現れると思います。ただ、指原は美少女ではないものの、親しみやすいキャラに加えてモデル並みのスタイル。そのうえ突っ込んだネタに対してのアドリブもきく。バラエティには欠かせない才能をすべて持ち合わせているから重宝されるのであって、彼女のポジションを奪うのはかなり難しいですよ」

 さて、指原に挑むのは誰?

アサ芸プラス

「芸能界」をもっと詳しく

「芸能界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ