コリン・ファース、“ワンカット撮影”に「圧倒された」若き伝令に伝える『1917』本編映像

1月27日(月)16時0分 シネマカフェ

『1917 命をかけた伝令』(c)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

写真を拡大

第92回アカデミー賞で作品賞を含む10部門にノミネートされているサム・メンデス監督の『1917 命をかけた伝令』。この度、英国の名優コリン・ファースの姿を捉えた本編映像が解禁、驚異の“ワンカット撮影”に感銘を受けたと語った。



若き兵士たちが困難なミッションに立ち向かう姿を臨場感たっぷりに、かつ観る者たちを物語への究極の没入感へと導き、登場人物たちの行動や心情を体感してもらうために、“ワンカット映像”という画期的な撮影方法が全編に採用された本作。第77回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ部門)、監督賞を受賞し、アカデミー賞には10部門にノミネート。総計で45の賞、152部門で受賞&ノミネートを記録している。


そんな本作でコリン・ファースが演じるのは、若き兵士2人に過酷な司令を課すエリンモア将軍。撤退したと思われたドイツ軍への総攻撃を中止させるのが目的だが、2人の若者に1,600人もの仲間の命を託すミッションを突きつける。


自身が演じたエリンモア将軍について「分かっているのは、彼が策士だということだ」とコリンは語る。さらに、「彼は非常に短い時間で伝令を課す候補者をチェックし、個人的な事情により全身全霊で任務を遂行しようとするであろう人物を意図的に選抜した。ブレイクの兄は第2大隊にいるから、必死で命を救おうとするはずだと考えたんだ。残酷な戦略だが、あの戦況では他に選択肢がなかった」と役柄を分析する。

今回解禁されたのは、まさにエリンモア将軍がジョージ・マッケイとディーン=チャールズ・チャップマンが演じる若きイギリス兵に、自ら伝令の内容を説明し、決して失敗が許されない任務であることを伝える重要なシーンとなっており、コリンは「自ら出向き直接ミッションを伝えることで、事態の緊急性と彼の実用主義な性格を表現している」と撮影をふり返っている。

「俳優にとっては舞台作品の初日を迎える気分」

“屋外ロケでワンカット撮影”という驚くべき方法によって撮影された本作。もちろん、コリンもこの手法で撮影に挑んでおり、何度もリハーサルを行ったとか。この撮影手法に対し、「すべての部門が事前に入念な準備を行う必要がある。俳優にとっては舞台作品の初日を迎える気分だ。ミスをカバーできるものはない。もちろん1つのシーンを数回撮影するが、何度も繰り返すわけじゃないし、最初から最後までどの角度から見ても完璧なカットに仕上げる必要がある。編集できないから、些細なミスでユニット全体が最初からリセットしてやり直すことを余儀なくされる」とその難しさを説明、並々ならぬ緊張感で撮影に挑んだことが伺える。

さらに、「製作チームの高い技術と創意あふれるアイデアには敬意を表すよ。すべてのチームが完璧に準備をしていることに圧倒された」とも明かしており、メンデス監督と彼のチームの技術面における精密さに感銘を受けたようだ。

入念な準備を経て、見事にワンカット撮影に挑んだ名優コリン・ファース。そして、彼から伝令を受け取った新進気鋭の若手俳優ジョージ・マッケイとディーン=チャールズ・チャップマンの2人には、一体どんな運命が待ち受けるのか…スクリーンで確かめてみてほしい。

『1917 命をかけた伝令』は2月14日(金)より公開にて公開。

シネマカフェ

「コリン・ファース」をもっと詳しく

「コリン・ファース」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ