圧巻の歌唱力!高橋あず美が名曲「メモリー」を切なく繊細に歌い上げる! 映画『キャッツ』日本語吹替え版 本編映像

1月27日(月)6時13分 フィールドキャスター

世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」。
珠玉のキャスト陣が個性豊かな猫たちを演じる2020年最大の注目作、映画『キャッツ』が1月24日(金)より公開中。

この度、グリザベラ役に決定した高橋あず美が名曲「メモリー」を深みのある歌声で繊細に歌い上げる、日本語吹替え版本編映像が解禁!

「キャッツ」を語る上で欠かすことのできない、名曲中の名曲「メモリー」。
誰もが必ず耳にしたことのある美しい旋律によって奏でられる楽曲は、誰からも愛されない孤独な猫・グリザベラが、かつての栄光に想いを馳せながら切なく歌い上げる。

日本語吹替え版でグリザベラ役に決定したのは、昨年NYアポロシアターで開催されたプロへの登竜門とされる世界的に有名なイベント“アマチュアナイト”で優勝を飾った不屈のドリームガール、高橋あず美さん!
本国の制作スタッフから厳しく審査されるオーディションを経て、グリザベラ役を勝ち取った高橋さんは、映画初出演とは思えない深みのある繊細な歌声を披露。
「ジェニファー・ハドソンは自分の歌を成長させてくれる存在。18歳の時、ソウルフルに歌う彼女に衝撃を受けて、彼女のように歌えるようになりたいと思った」とも明かす高橋さんにとって、まさに運命的ともいえるキャスティングとなった本作。

ユニバーサル・ピクチャーズ・インターナショナルの配給部門で代表を務める ダンカン・クラークさんは「ジェニファー・ハドソン演じるグリザベラの歌声は素晴らしく、彼女の役を演じるという事は途方もないチャレンジですが、高橋さんはそれを見事に成し遂げています」と大絶賛。
これ以上にない適役をつかみ取った高橋さんの渾身の歌声にますます期待が高まる。

<日本語吹替え版>
音楽プロデューサー…蔦谷好位置
日本版キャスト…葵わかな山崎育三郎/高橋あず美/秋山竜次(ロバート)/森崎ウィン/大貫勇輔/藤原聡(Official髭男dism)/ 山寺宏一宝田明/浦嶋りんこ/RIRI/宮野真守/沢城みゆき/山路和弘/朴璐美/ and 大竹しのぶ
©2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
公式HP:https://cats-movie.jp/

フィールドキャスター

「名曲」をもっと詳しく

「名曲」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ